ママのために

Mother Father Complex

沢山の言葉

 

子どもが子どもでいるうちに、沢山話しかけてあげる

親になったあなたの心の中に、あなたを育てた人の言葉が残っているはず

子どもの心に残る言葉は、いまあなたの心に残っている言葉

だからその百倍も千倍も話しかけてあげる

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/01/27   jannmu

ママのために  今夜はウフフ・・・

TVを見ない、旦那に見せないことです!

 

ウフフは薄暗いところでするものです。

子供が寝静まったとき、学校に出掛けてからするものです。

突然、学校から帰ってくることもありますが、暗がりが助けてくれます。

 

 

視覚に頼っては気持ちのいいウフフはできません。

嗅覚、味覚、触覚に集中することです。

つまり、TVやパソコンなどの映像や音に頼らないことです。そういった媒体から伝わらない感覚をフル活用するのです。

なので、触覚(手触り肌さわり)、嗅覚、味覚です。(バイアグラに頼ってもイケマセン!)

 

その満足感が、旦那や子供の「明日のやる気」につながります。

あなたも分かるはずです。

つまりママ(の笑顔)は、旦那と子供のインセンティブなのです。

 

お風呂に入ってからウフフすることをお勧めします。

滑らかな手触りと、微かな香りや味をお試しあれ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/07/25   jannmu

ママのために 2  夜泣き

ママにとってもパパにとっても子供の夜泣きは結構きつい

そんなときママもちろんパパでも子供の夜泣きをなだめる方法は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の心臓音が子供に伝わるように優しく抱きかかえます。

大概は、オシメかお乳の催促ですが、それでも泣き止まないときは、

 

 

 

子供の呼吸に自分の呼吸を合わせます。

呼吸の同期を取ることです。

同時に母親の胎内の環境に近づけることです。

 

DSC_0365.jpg

 

 

同期が取れたら、少しずつ呼吸を意識してゆっくりしていきます。

夜泣きする子供の呼吸をゆっくりに導いていくことです。

夜泣きする子供の呼吸は乱れていますので、ここまでできれば自然と泣き止んでいます。

あとは優しく寝かしつけるだけ。

 

 

お試しあれ。

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/08   jannmu

ままのために 3  食事が終わったら

子供と食事が終わったら

 

食器を流し台に出すときに「水を張っておいてね」と教えてあげる

これで汚れが落ちやすいし洗剤もその分少なくて済む

水を汚さない

環境に優しいとてもエコな生活だし、ママの手荒れも防げる

 

子供が結婚して子供ができた時に、同じことを教えるでしょう。

あなたの家庭と子供の家庭を合わせてどれだけのエコになるでしょうか。

家庭の味なんて言葉があります。

育った家庭の味のことですが、味だけではないのですね。

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/05/30   jannmu

ままのために 4   食事の支度のお手伝い

私の父親は特攻隊だったのに台所に立つことに抵抗がありませんでした。男尊女卑、男子厨房に入らずの時代の父です。

 

私は男ですが、そんな父だったので自身がいわゆる「オサンドン全般」をすることになんら抵抗がありません。

そういえばジョンレノンは 小野 洋子 に働いてもらって、子育て専業主夫をしていた時期があったようです。

なんて日本人意識は遅れているんでしょうかと思いますが、それを言っていても始まりません。

 

例えば、餃子を子供と一緒に作ってみたり、ハンバーグでもいいでしょうし、カレーの具材を包丁で切ってもらってもいいでしょう。

子供も家族の一員であるし、それなりの役割を果たすことができるのだと教えることがなによも大切なのです。

 

父は家の簡単な修繕もしたので、のこぎりや金づちなどの使い方も習いましたし、切れなくなった包丁の研ぎ方も自然と覚えました。

 

結果、私の小中学校の技術工作家庭科の通信簿はいつも5でした。これは決して自慢ではなく、5以外取りようがなかったというのが正しいです。現在は絶対評価ですので、学年全員ができれば全員が5を取れる時代ですので、是非皆さんで試してみることをお勧めします。

 

 

子供とのコミュニケーションをとることにもなります。

引きこもりや不登校は、親子のコミュニケーション不足が大きな要因ではないでしょうか。

 

子供が成長して、どんな職業につくにしても、どんなアルバイトをするにしても

家事手伝いが基本となるし、礼儀や行儀、相手の気持ちを汲み取る訓練になります。

育つ過程で家事を覚えることはそのまま即戦力になるということです。

 

もしあなたが企業や商店の雇い主だとしたら、新入アルバイトや新入社員に1から教えるのとそうでないのとでは全く違うでしょう。

家事を知らない子供が多い現代では尚更です。

 

学習塾に通わせるよりも効果的だと思います。

 

最後に、食事をするときには食事と会話を楽しむものです。

TVなんて消してしまいましょう。

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/05/30   jannmu

ままのために  読み聞かせ

ママがまず、その物語に感情移入することです。

主人公や脇役、情景などになりきることです。

子供は基本あなたのオマタから生まれ、あなたの乳を吸って育ちます。

 

 

 

ママ自身が文字を読む習慣がつく

子供に本を読む習慣がつく

こどもの進路選択肢が広がることになる

なによりも、情緒形成にとても役に立つ

 

 

 

読み聞かせる本を厳選することが大切です。

 

お行儀の悪い主人公の作品は駄目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/05/30   jannmu

ママのために 1  ~パンツの脱ぎ方~


 

ママのために 1   ~パンツの脱ぎ方~

 

幼いころ、学校から帰るとランドセルを放り投げ外に出た。

休みの日は、昼ご飯に帰るともう服は泥だらけ。そのたびに母に叱られたものだ。

そのときに教わった。

 

洗濯物は洗濯機に入れたら勝手にきれいになって、タンスにたたんでしまってあるものではないと。

干しやすいように、たたみやすいように、裏返しになったら元に戻して洗濯機に入れなさい。

 

天気の良い日に街をあるく。

ベランダや物干し台に、子供の服が干していあると、「ママはたいへんだな」なんて思いながら通り過ぎる。

 

そうして育った子供が婚姻生活をうまくやれるかは、また別の問題です。

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/05/24   jannmu
リンクバナー受付け