Club jannmu 2006

jannmuの選りすぐりの過去記事を掲載しています。他のサイトで過去に掲載したものです。

.................イザリ

.................イザリ

 

 

   イザリくーん

 

  「はーい!」

 

   イザリ君はさー、そう呼ばれて嫌じゃないの?

 

  「ぼくは見てそのまんま、イザリだからべつにいいけど」。

 

   でも、そう呼ばれるのが嫌な人もいるじゃない。

 

  「そういう人は、あるがままを受け入れられなくて自信がないんだよ。ぼくは呼ばれたら、はーいぼくがイザリでーす、って胸張って答えるのになぁ」。

 

   ふーん・・・

 

 

 

投稿日 2007/05/23 Feel something | リンク用URL | コメント (0) | トラックバック (0)

 

 

 

 

 

これを書いてから10年経った。

 

イザリな子を親が隠そうとしたりする深層心理というのはどういうことか。そういう親を見てそのイザリな子が自分の存在をどうとらえるのか。

 

イザリな親を子が恥ずかしいと思うとしたら、その深層心理というのはどういうことか。イザリな親はどうして胸を張ることができないのか。

 

それらの価値観はどこから植えつけられるのか。

 

差別用語とされる名詞などは、差別用語指定することで逆に差別意識を高めることになっていないだろうか。

差別用語指定するのは主に役所や学校ほか、忖度が好きな機関だ。(いったい誰を何を忖度しているのだろうか)

 

ここでいう「イザリ」とは、びっこ、つんぼ、おし、めくら、びっこ、かたわなど先天性後天性の関係なく、そういった人々の総称としての意味として書いた。

ちなみに私は背が低いことに加え更に手足が短いし、公的機関から精神障害(昔でいうと気違い)の認定を受けている。

 

「凸と凹」という記事にも書いているがまたの機会に。

 

 

姿かたちなど基本的に変えられないことに劣等感を持つことよりも、身の回りの変えられることに関心を持ち変えていくことが必要なのではと思います。

逆にイザリ以外の健常者の範疇にいる人々が敢えて容姿を変えようとするのは、実は同様の深層心理だということも付け加えておきたい。

 

整形手術や豊胸手術や入れ墨、性転換手術などですが、髪形や髭をはやしたりすることとはまったく別の次元なのだということも考える時代でしょう。

社会福祉もこういった議論から始めなくては意味が無いように思います。

いかがでしょうか。

 

*これは自由を制限しようとするものではなく、精神的作用とか深層心理面での考察です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2007/05/23   jannmu
タグ:自然

狼よ!

2007/05/19

狼よ!

 

 

誰かが傷つき、そして誰かの命が消えてしまった。

 

俺が幼い頃、居間の鴨居に置いてあった長刀を、お巡りさんがきて

もってっちゃったのを覚えてる。

これが今の「銃刀法」という、決まりごとだよね。

犯人をどうのこうのという前に、もっと前にやらなきゃいけないことがあるんじゃない?

人差し指一本で、刺さないのに人を殺せちゃう「道具」の全面輸入禁止を!

 

 

現場の人たちは皆、命を張っているのに、テキトーな肩書きをもつ奴ほど、テキトーな脳味噌しかもってない。

 

 

最後に

君は犬以下なんかじゃない。

純粋なだ!!!

 

 

 

 

投稿日 2007/05/19 Feel something | リンク用URL | コメント (0)| トラックバック (0)

 

 

 

このブログは日付でわかるように、愛知長久手町立てこもり発砲事件を元に書いたものだ。

 

2007/05/16のブログ 犬の お巡りさん では、ブログのコメントに「警察なめんなよ」など批判をいただいている。

 

現場で殉職した警察官に対し、「狼」という言葉を使い、彼を死なせ、あるいは被害者よりも警察官救出を優先した司令部に対し、肩書を持ったテキトーな脳味噌と書いた。

 

この組織は、テキトーな脳味噌を持つ政権により、共謀罪という力を得たが、そのことが今後市民にとりどう作用するのかは、既に多くの分析がなされている。

 

コメント通りに書けば、世間と警察を舐めているブログ主より

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2007/05/19   jannmu
タグ:memo

犬の お巡りさん

2007/05/16

犬の お巡りさん

まぁ、相手は無免許だし、訴えるつもりはないそうだし

 

なにより、顔が一点五倍くらいで済んでるから

 

これが一点七倍だと「傷害罪」だけど

 

今回は「暴行罪」

 

ケイサツ内部で処理しとくから

 

とりあえず「前科一般」ね    と

 

その、青い制服を着た「犬以下」がほざいた

 

 

 

 

 

 

 

投稿日 2007/05/16 Feel something |リンク用URL | コメント (3) | トラックバック (1)

トラックバック

 

このページへのトラックバック一覧 犬の お巡りさん

 

コメント

繰り返す 世間をなめんなよ

投稿 馬鹿 | 2007/05/16 23:45

繰り返す。 けーさつなめんなよ

投稿 馬鹿野郎! |

けーさつ なめんなよ!

投稿 馬鹿野郎! | 2007/05/16 23:22

≫ 続きを読む

2007/05/16   jannmu
タグ:落書き

Dark blue

闇が僕を包んで溶かしてゆく

 僕は闇の重力に耐えきれず沈んでゆく

 とても深いところへ

 

 誰も闇に逆らうことはできない

 僕にできるのはキーを押すことくらい

 こんなときはいつもあのときを思い出す

 父が倒れたとき僕はすごく覚醒していた

 でも最後の言葉はあまりにも小さくて聞き取れなかった

 母が弟を連れて薬を飲んだとき僕は空へ高く飛んでいた

 だから気づかなかった

 悲しくはなかった

 

 父と母を殺そうとしたけれど死んだ人は殺せない

 それから僕は真夜中の公園と夜明け少し前の浜辺を

 ずっと

 いったりきたり

 とぼとぼと

 今は公園のベンチに座ってる

 立てないから

 

 こないだ浜辺に行ったとき灯台を見つけた

 灯台の灯りはこの公園からでも見えるから

 浜辺は意外と近いのか

 

 

 

投稿日 2006/11/17 | リンク用URL |

≫ 続きを読む

2006/11/17   jannmu
タグ:うつ状態

なぜ?誰も言わないんだろう 

2006/11/15

なぜ?誰も言わないんだろう

 息子の小学校で配られたプリントに、「トイレピカピカ運動」というのを実施していると書かれていた。数年前から学校のトイレの使用状況が非常に悪いため、上級生が中心となって掃除や見回りをして、その活動結果を全校生徒の前で発表し、子供たちのトイレに対する意識を高めているのだそうだ。

 運動を始める前と比べると見違えるほど綺麗になったらしい。プリントにはそれ以上のことは書かれていなかった。

 

 悪いことじゃないと思った。でもどこか変に思えた。僕は改めて息子が用を足した後の家のトイレを確かめてみた。いつもと変わりなかった。

 全校生徒に配られたあのプリントを見て、自分の子供に対する躾について考えた親がどれほどいるのだろう。

 子供に何か問題があると、親として何をしてきたんだろうと考えもせず、何でもかんでも学校に責任を押し付ける。

 

 いじめについても同じことが言えるだろう。

 日々身の回りで起こる全ての事に対し、如何に考えどう対処するのか、子供に教えるのは親の責任じゃないのだろうか。

 政治家も教育委委員会も評論家もマスコミも、何の罪もなく自らの命を絶っていく子供たちを追い詰めたのは、学校にトイレの躾まで押し付けている、「無知な親達」なのだとどうして言わないんだろう。

 

投稿日 2006/11/15 コメント (2)トラックバック (0)

コメント

トラックバックありがとうございます。
お礼にやってまいりました♪
(^O^)/
そうですよ、やっぱ基本は「親」です!
学校はあくまでも「勉強する所」。保育所の延長で「躾」までまかせっきりの親が多いんだと思われます。
今の教師なんて、裏で何してるかわかんないし、任せたってダメですよね。 変に熱心だとロリコンだったりするし(怒)
また気晴らしにいらしてくださいね♪

投稿 こなつ2006/12/02 15:26

 

 

その通り!

投稿

 

≫ 続きを読む

2006/11/15   jannmu

初めての投稿

それは「命」についてでした。

一番大切なもの

 

 ブログの最初に何を書こうかとずいぶん迷ったけれど、これに決めました。

 

 「一番大切なもの」

 

 あなたにとってそれは何ですか?

 

 

先日、ニュースを見ているとこんな事件がありました。

ある家族が火事に遭った。

一旦は逃れた母親が取り残された我が子を救うため燃え盛る家の中に飛び込んで行った。

でも結果は、残念ながら母子ともに亡くなってしまった。

悲しくて、やるせない出来事。

 

 

当たり前のことを今更と思う方もいるかもしれない。

けれど僕にとって「一番大切なもの」

 それは「命」です。

金や宝石や高級ブランド品じゃなく「命」です。

 

 

でも、死を覚悟して火の中へ飛び込んで行った、母親の「命」についてどう考えればいいんだろう。

 

 

「命」同士が愛しあい、新しい「命」を授かることによって親と子が誕生する。

親は子の「命」が「一番大切なもの」になる。

 

 

 

 

 

 

*親も子と共に誕生するものなんですね。なので子と共に学ばなくてはならないと改めて思うのです。

現在親年齢21歳、子と同い年。

 

 

≫ 続きを読む

2006/08/15   jannmu
リンクバナー受付け