Something New

河津桜50年

ひとの理解を超えた自然の秩序は「無常」だ

畏敬と畏怖を含んだ”癒し”は「秩序」だ

 

寿命50年といわれる河津桜

50年後の桜に人が集うのは、植樹した先人の先見もさることながら

桜の樹の力による

 

造成され開発された土地に流れる人工河川の両岸に

一列に咲く桜が果たして本来の”美”であるのか

”癒し”足りえるのか

 

それはいま、桜を見て感ずる人々が50年後のビジョンを持っているかにかかっている

 

 

 

 

2018/04/04   jannmu
タグ:自然

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け