Something New

”超合理的” Sur rationalism

抽象的な「愛」「夢」などを他の抽象との並列比較

することによる表現は、詩「侘びしさ」で図らずも

試みている表現方法だということに最近になって気

づいた。

 

他人に読んでもらい感想を貰うことは大切なことだ。

 

想像を言葉に変換するときに自然と脳内でイメージ

化される。

今回の韓国旅行で感じたデジャブはそのことによる。

都市部は記号化され、世界中が同じ記号で都市形成

されているようだ。

 

情景描写を多用するときに、そのことを踏まえない

と媚びた文章になりがちだ。街の臭い、日差し、人

の情など。

 

景色中の最低限必要なものとそうでないものを分別

すると、その街の”記号度”が解ける。

記号度 バーチャル度・文化とは関係ないもの、生

きるために必要のないもの、バーチャルに洗脳され

ている度合

 

川面の殺意

背景と具象・抽象概念を”超える”ものを自然から切り

取る

言ってみれば”超合理的”とでも表そうか。

あの写真では、階段が自然を切り取ったことを証明づ

けている。

 

この超合理主義的な表現は「出涸らし」などにも無意

識に表れているようだ。

 

合理は合理であって不合理を排除することだ。

 

キャプチャ.PNG

 

しかし、「君のことがこんなに好きだ」という感情は、いったいどこから

生まれるのだろうかと考えた。不合理だ。

少なくともそれは君との出会いなのだと思ったのだった。

 

 

 

2018/06/22   jannmu

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け