Something New

新たな世界の共通言語

日本人の多くは癌で死ぬ。

癌という病が発見されたのはいつか。

それ以前は癌と分からずに死んでいったのか。

人生50年といわれていた当時、蘭学を学んだ

医者は記録を残したはずだがどこにあるのだろう。

長崎や小石川にはそれがあったはずだと思うのだ。

そういえば731部隊の悪事を医学面から記録し

たものはいったいどこにいったのか。

原爆を落としたアメリカが持って行ったのか。

731部隊は敗戦後ミドリ十字に変身したが、あの

組織の幹部も巣鴨卒なのだろうか。

 

スギ花粉症やインフルエンザワクチンや最近では

子宮頸がんワクチンが脅威になっているし、遺伝子組み換え

作物や農薬、除草剤殺虫剤のネオニコチノイドなどが

問題視されている。

 

ネオコン、ネオリベ、そもそもポストモダンなど、英語は

随分昔から壊れた言語のようだ。

壊れた世界の共通言語は植民地支配の名残だが、新しい世界

共通言語が”言葉の意味”を取り戻すだろう。

 

 

2018/06/22   jannmu
タグ: , 自然 , 落書き , memo

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け