Something New

世界がダヴィンチを殺すとき

それが人間の持つ背景から脱するとき

 

砂漠の丘につづく彼女の背中の憂いと微笑みの意味が

初めて普遍透明化する

 

乾いた砂に落ちる小さなひとしずくの涙

かがやかせるものは、はるか彼方から昇る太陽のひかり

 

モナリザというプリズムを通してみる

一滴の液体と光と虹

 

眠っていた母なる大地が疼き求める

その感覚を阻害するなにかと私は闘いはじめる

 

内なる変化の瞬間

明日が花開く

 

 

 

 

 

2019/02/16   jannmu

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け