Something New

When safety and security become expensive?

安全や安心が高価になるとき

 

 

 

危険なものや危険な人や考え方が増えてくると

相対的に安全や安心といった価値観が高価になる

 

先進国の人々は水を汲みにいかなくてよくなり

薪を切り出しに行かなくてよくなり

隣町まで歩いて行かなくてよくなり

 

 

生きる為の必要不可欠だった運動から遠くなった

 

 

 

殆どの人が病院で生まれ、殆どの人が病院で死ぬ

生活から「生と死は切り離されてしまった」

日本では障がい者や病気になった年寄りも切り離されている

人口の大部分を占める健常者が健常なうちに気づかないとやがて自分も隔離される

すべてを剥ぎ取られて用無しになると屠殺される

 

冬は河豚の美味しい季節だ

河豚を綺麗な伊万里の皿に薄切りにして飾り付けて

独特のタレで食うのは日本人の食文化だが、私は生まれてから一度しか食ったことがない

 

河豚の肝は猛毒だから扱う職人は猛毒を扱い管理する技術と知識を持っていなければならない

だから河豚料理は高価だ

 

世界中に武器や毒が増えていくと、技術もなく管理者でもない者が武器をコンビニや闇ルートで入手できるようになってしまう

これが資本主義の欠点だ

 

危なくなればなるほど武器が売れる

危なくないのに危ない雰囲気をTVや新聞などで演出することもできる

そうすると武器が売れる

 

世界中で一番高価な商品が武器だ

 

しかしもっと言えば、人間をも商品にしてしまうのが資本主義だ

 

それでは資本主義以外に変えたら人身売買や臓器(売買)移植などはなくなるだろうか?

 

 

敢えて書きかけにしておこうと思う。

 

 

 

*「屠殺」という文字変換ができなくなっている

 

 

 

 

 

 

 

2019/12/08   jannmu

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け