Something New

いまさらの話

流行とかトレンドってなんだろうか。

 

      DSC_1910.jpg

 

そういうものが大体20年周期でぐるぐる回ると言われていたけど

いまは10年、下手すりゃ3年くらいでまたやってくる感がある。

 

還暦も近くなる歳だと、20年周期だとしてもそれを数回経験して

いて、それが次々に出現する現象を目撃してきたわけだ。

 

トラッドとかトラディショナルというのも流行した。矛盾している

もののようだが。

 

 

近代化して都市化して人が大勢集まったり、TVやネットで価値観

同一化がなされる世界では、自然に発生していた流行というのが

仕掛けられることになる。

 

今年流行した靴や鞄は、昨年(前シーズン)にもうすでに用意され

ている。

それを継続させると、段々安かろう悪かろうの世界になってくる。

大量生産大量消費は安かろう悪かろうに段々なってくる。

 

 

しかし残るものもある。

残るということは数年であれ、その時代の洗礼を受け、淘汰され

消えるものがあり忘れ去り、極少数が残るのだ。

 

それを洗練されるとか、垢ぬけるというんだと思う。

 

今年これこれこういった材料が余ったし残ってるから、この材料で

作ったものを内緒で来年流行させようという考え方を、株や穀物

相場などの「先物買い」という。

 

 

未だ種も植えていない、その農地がそのときどうなっているかも

わからない。そういう中で、先物という相場が動くのだ。

 

デザインやアートでもそういった含みがある。

音楽でも演劇でもファッションでも娯楽でも何でもそうである。

 

 

しかしそれでも残るものは残るのだ。

 

 

ただし、そういったものは必ず権威性を帯びる。そういう帯びて

しまった権威性を作家自ら蹴とばして歩かなければならない。

 

普遍(性)というのはそういう状態だと思う。

 

それをJAZZ的に文章でやるのは兆戦のし甲斐があるというものだ。

 

 

 

 

 

 

DSC_1873.jpg

            蝉は毎年のようで実は7年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/09/05   jannmu

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け