Something New

殴り書き

「見ざる聞かざる言わざる」を現代的に考察する

 

9.jpg


 それぞれの猿が表現しているひとつの感覚以外の感覚を研ぎ澄ます行為として捉える。

 現代人の持つ大脳皮質が空なのは何故なのか。入れる情報がないのに発達するがずがない。元々は情報(能力)が詰まっていた、詰めることにより発達したと考えるのが当然である。

 

 「過敏」な聴覚や嗅覚臭覚などは、現代医学に於いて「病」とされてしまうが、これこそが人間の能力の過小評価である。

 野鳥とも魚類とも樹木とでさえ言葉でないコミュニケーションが取れる。そうできないのは「過小評価」故の「能力退化(大脳皮質空洞化)」である。


 感覚とは情報察知能力で、いわゆる第六感とは五感の総合力だが第六感という五感以外の感覚が独立して存在しているわけではない。五感のバランスが個人ごとに異なることは、生命としての基本だが、それを否定しようとするシステムを「独裁」とか「覇権主義」あるいは「封建主義」などと呼ぶ。

 

 他の動物(生命)と違い、人間は言葉と歴史から学び取ったルールを持つ。それは争いを回避するツールなのだが、情報の歪曲により、あるいは便利追求によって「逆説的な意図により浸食されつつある」ことを覆い隠そうとするものがある。

 富の集中によるいわゆる1%と99%という曖昧な分け隔てはいずれ全く意味をなさなくなるだろう。

 そういう価値観が無くなってしまうだろう。

 同時にまた、富によっては人間の能力が維持発展することが不可能だということにも気づくときが来るだろう。(富とは所詮、地球から人類が搾取したものに過ぎないのだから、地球からの搾取を止めない限り人類は破滅に向かうのは当たり前のことなのだ)

 

 いわゆる動物的な力と人間の能力(大脳皮質に詰め込まれるべき)は、形式的にではあれ切り離して考えることが、実は人間的能力の基礎とも言えまいか。

 

 セーフティーネット(最底辺)の教育や衣食住環境レベルが、その社会の先進度であるが、言い換えると人類の進化の度合いでもある。

 

 現代世界はこの当然の時間の流れに逆行しようとしているが、本来上記の考え方から発展してきたルールを、情報により歪曲したところに問題の本質原因があると考える。

 

 いわゆる99%と呼ばれる人々に圧倒的に不足しているのは、どのような環境下であれ「観察、考察する行為」である。自然からも人工物からでもこの観察考察行為により学ぶことができ、考え独自意見を持つことができる。そしてこの行為はすなわち五感を研ぎ澄ます行為に他ならない。

 このことに気づき実行する者とそうでない者とに今後分かれていくというのは、避けられない事実であることは、既に歴史が物語っている。

 それでもセーフティーネットの在り方によって、違いや異なるものを埋めることができるのも事実である。

 


つまり、ボトムアップという考え方に立脚することが人類の全てである。

2016/07/13   jannmu

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け