Something New

素裸の独裁者

創造する前段階の想像作業を阻害するものがあるとすれば

それは「良心」とか「宗教心」や「美意識」なのかもしれない

 

無宗教でも無神論者でも、宗教観はある

 

それらの総称を「良心」と呼ぶとすれば

やはり「良心」は自由な想像を阻害する要因ではあるのかもしれない

 

音楽その他のいわゆるアートは、自由でなくてはならない

自由を阻害する「良心」を排除する

そういう間違ったロジックを持つ者がいる場合、「良心」は何を根拠として反論できるだろうか

 

レイプもヘイトも殺人も、全て自由な世界を目指している想像を果たしてアートと呼ぶ

ことができるだろうか

 

愛を表現として際立たせるための背景としての憎悪や愛憎は、表現において実は

効果的な技法であるようだ

あるいは「良心」と、そこからはみ出た自由との内的葛藤が、結果として場合により

美しいと感ずることになるのだろう

 

技法よりも、強く心に訴えかける表現とは、後者の葛藤の部分なのではないのだ

ろうか

 

そういったアーティストが存在するとして、彼と兵士とどちらが強いだろうか

 

葛藤を表現することは、それは裸の自分をさらけ出すことになる

生身の内臓を自らの手段において抉り出すことになる

それはときとして痛みであり、あるときには照れにもなりうるし

喜びにもつながる

 

技法テクニックに頼るだけの表現は、その場限りの独裁でしかない

アートとは表現とは、少なくとも既存の価値観を打ち破り

見る者聴くものを虜にしてしまうような力を持っているわけで

見る者が見ているあいだだけ、聞く者がきいている時間においてだけ

独裁者と成り得るのだと思う

 

 

 

 

 

2016/12/27   jannmu
タグ:memo

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け