Something New

絵画とは

絵画とは

 

 

イメージをそのまま紙に映したものである。

脳内イメージをそのままコピーしたものである。

 

イメージとは、なんであれ五感をとおした経験を超えられない。

 

いま、炊き立ての飯粒を、ひとかたまり口内に放り込むと

飯の香ばしさと、かたまりの外側のごつごつ感と、温もりを

感ずる。

 

 例えばそのひとかたまりに舌先を挿入すると、これらの

感覚は、舌の三百六十度で脳内に吸収される。

舌の各部位には、苦味や甘味を感ずる味蕾がある。

 

 それら総合的快感を「美味い」と日本人は呼ぶ。

 

このイメージを視覚的に表したものが絵画の基本である。

 

 誰にも見えない、自分にも見えないが自分だけが感ずるものを

可視化したものが絵画の基本なのだ。

 

 この感覚を鈍麻させるのが「権威」である。

 「権威」をまとった絵画はもはや絵画とは言えない。

この「権威」を常時打ち壊す作業を日本語では芸術という。

芸術がいつも新鮮でなくてはならない理由である。

 

明治開国以来、日本の芸術が「普遍」と「本質」を失った理由である。

 

 

 

 

 

2017/07/13   jannmu

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け