Something New

お濠の大白鳥

夏も冬も、お濠(ほり)に・・・大白鳥はいつも淋しそうにしている。

 

ある日誰かが話しかけた。

「君はいつもそこに一人でいるね」

「ええ」

 

「友達はいないの?」

「かるがもちゃんたちは育つと飛んで行くのよ」

 

「君は?」

「かもちゃんと違って、TVには映らないでしょ?それが答えよ。」

 

「でもここには多くの国々から沢山の人々が訪れるけど?」

「知らないの?彼らは過去からやってくるのよ。彼らは権威が絶対的に強い時代からやってくる。」

 

「権威?」

「TVよ」

「かるがも?」

「TVに映らないものって分かる?」

「クイズ?」

「そう」

 

真夏の濠は独特の臭いが漂っている。濁った水から一尾の鯉が頭を出して大きなあくびをした。

「”TV”に映らないものが君のいう権威?」

「一部よ」

 

「権威は権威を映さない?」

「都合のわるいところはね」

 

この権威の二派の入り口で、門番に呼び止められたのを思い出す。僕のTシャツの背中には”裸の王様”がプリントされている。

 

「」

 

 

戦争時代の破滅、破局型恋愛観が潜在する世代が作った日本の一般的幸福は、自虐よりも酷い。

 

コンピューター(計算機)の覇権主義は、人間によるプログラム(映画がついた嘘)

(覇権主義者が発明したものがコンピュータだが、プログラムは変えられる。その時に、人間は時間から解放されるが、時間の使い方を知らない人間が何処に向かうのかが問題なのだ。洗濯と飯炊きで一日が終わる時代から、それらをコンピューターに任せてTVを見、満員電車で仕事場に駆り出され、賃金から頭ハネされ、ガード下の安酒屋でも付加価値税とやらを搾取されている)

人間という創造主(神は人間の創造物)がコンピューター(計算機)を神格化したものが、常時接続オンライン台のスマホ文化であり

バカ相手の神教多神教混合宗教の新しいバージョンだ。

 

 

 

 

 

2017/09/25   jannmu
タグ:落書き

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
リンクバナー受付け