Something New

memo

小鳥屋のおばさんの幸せ

小鳥屋のおばさんは去年小鳥屋を閉めてしまった。

小鳥屋の前を通りかかると、いろんな小鳥たちが話かけてきて

のど自慢大会みないになるんだ。

 

そういえば先日、東松山こども動物園にいったときにもこの辺

では見かけない鳥たちがたくさんいて、僕に話しかけてきた。

オーストラリアだかニュージーランドから、あの檻の中にやってきた

黒い鳥はひとりぼっちで、ここから出たいとジェスチャーまでして

話しかけてきた。

 

人間は二足歩行してから脳みそが発達してお利口になったということを

自分たちで自慢しているけれど、本当にそうだろうか疑問だ。

もし二足歩行でお利口になるということが本当なら、鳥だって二足歩行

しているので頭がお利口なはずだ。

しかも鳥は空を飛ぶことができる。人間よりもすごいと思う。

人間が空を飛ぶことができたなら、飛行機や自動車なんていらない。

水のある場所だって知っているし、そこまで自分で飛んでいける。

 

人間は地面に足をついて、そこからせいぜい高度2mの世界で暮らしている。

その2mという、地表と大気とのちょうど境目の環境を

人間はせっせと破壊しているのが馬鹿らしい。

 

小鳥屋のおばさんは、幸せだといっていた。店を閉めて幸せだと言っていた。

それは、エアコンは小鳥たちの命を奪う道具で、でもおばさんはエアコンを

つけることができるようになったので幸せだと言っているのだった。

 

今日は全国的に酷暑に見舞われているという。こういうお見舞いはあまり

嬉しくない。「お見舞い」と「見舞い」で”お”が付くと付かないとでは

意味が違うのだろうか。今度国語の先生に聞いてみよう。

 

閉店してしまった小鳥屋のおばさんも、地面とかコンクリートが熱いと言っ

ていた。

夏の暑さは空からだけだったのが、横からも下からも暑いのがこの国の

酷暑だという意味合いに、いつの間にか変わったのなら、国語の先生も

百葉箱を教えてくれる理科の先生も、もう一度勉強しなおすべきだと

子供心に思う。

 

これでは、いくら原住民から学んでも知らないはずだと思った。

沖縄の人だって、ハワイの人だって南米やアフリカの人だって、日本の酷暑

には、フザケンナ!というだろうと思う。

でもなぜか日本人だけフザケンナ!と言わないのがとても不思議だ。

 

『おとなは、みんなうそつきだ!』

 

表層 Outer Layer

≫ 続きを読む

2018/07/15 memo   jannmu

I knew you love me

I knew you love me

I will give you this song some day

 

意識的に誰かのために作った初めての詩曲だろう

人称が二人称もしくは三人称に変化した最初でもあるかもしれない

 

仮題  「試されたい」

 

試されたい

試されたい

あなたに試されたい

 

 

 

シドドシドー シドドシドー レミラシシラシー ラシシラシー

これのリフレインをサビにする

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/10/25 memo   jannmu
タグ:

これがいわゆる「オマカセ主義」の正体である

人権意識と自治意識があれば神はいらない

そのときに人類は新たな世界を見る

 

直接民主制という

 

皆が時間の余裕を持ち、もちろんのこと自治と人権に興味を持つ

当然のこととして、そういった経済的余裕も合わせ持つことに結果としてなる

 

いまは少しでも直接的議会制民主主義に近づける

これを妨げるものを意識的に自分の内も外も変えていく

 

税を取る政治は実は根源的差別を生む

税の使い道は限定されるべきなのだ

増税しながら多額の国債を発行する政治は、政治家でなくともできる

それは官僚政治なのだ

そもそも政治にカネがかかるのは、政治そのものがカネを食らうからである

 

 

日本の場合、自民公明や自民派生の政党を破ることができれば

同時に官吏主義から脱却できるだろう

 

少子化社会は冷静に考えれば続くはずがない

動物学的、人類学的にいえば、日本人は世界に稀に見る

「特殊体質」ということになるが、それは本当か

社会的に見れば、明らかな破綻が目の前に横たわっている

国の破綻だが、それは本当か

 

神という概念は洋の東西を問わず、ひとつの統治手段であり

これをいまだに信ずる者が世界には多くいる

日本人の場合手を合わせ、会ったこともない、話をしたこともない

見たこともない”誰か”に何かを願う

「どうかああなりますように。どうかこうなりますように。」

(これがいわゆる「オマカセ主義」の正体である)

この観念(考え方の習慣)が、自治意識や人権意識(自分でああなるように、こうなる

ようにアクションを起こし、同様の考えを持つ者と繋がっていくこと)を妨げているこ

とに、人類が同時多発的に気づいた世紀が21世紀なのだ

 

そして日本の場合、神とやらが人を戦争にまで引きづり込むようになってから

150年しか経過していない*

 

これこそが、日本人が気づくことにより

「大いなるポテンシャル」に成り得る世界初である

(そういった条件は世界の他処にも多くあるだろう)

 

宗教法人に全てのカネの出入りを中小個人と同じく

申告義務を課すとダダをこねる一部が当然出てくるだろう

課税義務ではなく申告義務を課すだけなのだが

ダダをこねる特定の団体が出てくるはずだ

 

それこそが世界のカネのメビウスの繋ぎ目である

 

人間が神を創造してから、永いとても永い年月が経った

それは永遠ともいうべき時間の経過だ

そしてようやく神はその役目を終えようとしている

21世紀はそういう世紀なのだ

神にも功罪があり、人類は功だけをひきづいで

神を棺に納めるときなのだ

 

*明治維新以前は、一般人が戦に参加することはなかったという仮定。

≫ 続きを読む

2017/09/25 memo   jannmu
タグ:memo

выражение  expression

STOCK and FLOW

 

ある事象の持つ要素を分解し、表現として再構築する作業は

単なるデザインとアートに分岐するし、それはジャーナリズムと絵本の

違いにどこか似ている。

 

思考から溢れ出る言葉やイメージは、どこから生まれるのだろうか。

経済でいうストックやフローでは説明不可能だろうが、人間の営みすべては

ここから始まる。

 

その前提(数値化不可能)を無視している経済学は、それ自体が搾取構造の起源なので

はあるまいか。

≫ 続きを読む

2016/11/23 memo   jannmu

オリエンタルの反対語

オリエンタルの反対語はなにか?

オリエンタルという言葉は誰が作った言葉なのか?

オリエンタルという言葉を作った人間の価値観とは?

そのいわゆるオリエンタルから見たオリエンタル以外はどう表現されているのか?

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/01 memo   jannmu
タグ:memo
リンクバナー受付け