Something New

2016年06月

「相対性」と「絶対性」

相対性理論の特異点を解こうとしない学問

特異点は「仮定」でしかないが、理論のすべての土台がこの「特異点」から始まっている

つまり科学すべてが「仮定」でしかないことを何故誰も指摘しないのか

 

そこから派生する僅かな誤差が、偏りという格差につながっているのだろう

僅かな誤差の積み重ねや時間経過が、戦争を繰り返す原因とは考えられまいか

 

 

 

年老いたフラワーチャイルドは若者に何を残すのだろうか

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/21   jannmu
タグ:自然

誰かの欲望

誰かの欲望を満たすために生まれ

誰かの欲望を満たすために育ち

誰かの欲望を満たすために学び

誰かの欲望を満たすために歌い

誰かの欲望を満たすために舞い

誰かの欲望を満たすために働き

誰かの欲望を満たすために死ぬ

 

創作とはなにか

創造とはなにか

少なくとも既存の価値観から抜け出たものでなくてはならないだろう

誰かの手法や価値観を継承するだけの創作は創造とは呼べない

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/16   jannmu
タグ:

OSAMU DAZAI 

DSC_0404.jpgNINGEN DE GOMEN NASAI

 

結局人間は他の生物と違い、人類の利益や幸福しか追求しない

 

この人類をたった今至福に導く方法がある

大国に核を打ってもらうことだろう

その瞬間、すべての人類は神に進化する

そしてすべての神がアメリカに敬意を払うだろう

 

そのときに、悪魔という名の神は消滅する

しかしそれは、地球を救うことになるだろうか

人類という言葉はとても傲慢だ

 

トキという野鳥が絶滅したことを反省しない日本人

 

 

 

写真はツバメの雛を路上から保護したもの。2016.06.19 18:30ころのことだった。

永田町で拾ったのでナガタ君と命名した。

日曜日の永田町、警備のお巡りさんに聞いたら

「職務中でなければなんとかしてあげたいし、放ってはおけないだろう」と言っていた。

けれど救命方法が分からずに、結局横浜まで連れて帰ってきた。

一晩自宅のアパートにご宿泊いただいて、野毛山動物園の専門家にお任せした。

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/15   jannmu
タグ:

アフリカの大地に住む人々を貧しくしたのはいったい誰なのか?

アフリカの大地に住む人々を貧しくしたのは誰なのか?

 

厳しい環境ではあれ、アフリカは豊かな大地だったはず。

 

そこに住み環境に順応して進化を遂げた住人が昔ながらの生活をする背景に、現代建築などが映りこむとなぜか貧しく見える。これは明らかにこちら側から見た価値観だ。

しかし現代建築やそれに伴う生活様式などが、かえって彼らを貧しくしたとは考えられないだろうか。

 

彼らの一部はアメリカに渡り奴隷にされたが、その子孫の魂に「彼方地平線に沈み入る大きな太陽」などの記憶が残っているだろうか。

 

人間は近代以前には戻れないだろう。

戻れないからこそ、立ち止まって考えることが必要だ。

戻れなくても、立ち止まって考えることはできる。

 

それが原住民サミットを所望している意味だ。

 

 

寒冷地や熱帯地など、極限の厳しい環境下で進化を遂げた原住民の知恵が、これからの世界を救うことになるだろう。

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/09   jannmu
タグ:自然

オリエンタルの反対語

オリエンタルの反対語はなにか?

オリエンタルという言葉は誰が作った言葉なのか?

オリエンタルという言葉を作った人間の価値観とは?

そのいわゆるオリエンタルから見たオリエンタル以外はどう表現されているのか?

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/01 memo   jannmu
タグ:memo

原住民の知恵

原住民の知恵

”原住民的”な知恵しか持たない俺たちはそこから学ぶ

共生共存とは何か

 

この星の永遠とはいつまでなのか

そのときに生きる子々孫々の絶望を想い憂う

生物人間の運命とは

 

 

真実は現に在り 現は未来に在る

現とは君であり、君こそが現である

 

宇宙とは現の創作であり積み重ねである

宇宙とは音楽である

原住民が原住民の音楽を取り戻すには

音符を捨ててしまわなければならない

 

 

≫ 続きを読む

2016/06/01   jannmu
リンクバナー受付け