Something New

2017年09月

これがいわゆる「オマカセ主義」の正体である

人権意識と自治意識があれば神はいらない

そのときに人類は新たな世界を見る

 

直接民主制という

 

皆が時間の余裕を持ち、もちろんのこと自治と人権に興味を持つ

当然のこととして、そういった経済的余裕も合わせ持つことに結果としてなる

 

いまは少しでも直接的議会制民主主義に近づける

これを妨げるものを意識的に自分の内も外も変えていく

 

税を取る政治は実は根源的差別を生む

税の使い道は限定されるべきなのだ

増税しながら多額の国債を発行する政治は、政治家でなくともできる

それは官僚政治なのだ

そもそも政治にカネがかかるのは、政治そのものがカネを食らうからである

 

 

日本の場合、自民公明や自民派生の政党を破ることができれば

同時に官吏主義から脱却できるだろう

 

少子化社会は冷静に考えれば続くはずがない

動物学的、人類学的にいえば、日本人は世界に稀に見る

「特殊体質」ということになるが、それは本当か

社会的に見れば、明らかな破綻が目の前に横たわっている

国の破綻だが、それは本当か

 

神という概念は洋の東西を問わず、ひとつの統治手段であり

これをいまだに信ずる者が世界には多くいる

日本人の場合手を合わせ、会ったこともない、話をしたこともない

見たこともない”誰か”に何かを願う

「どうかああなりますように。どうかこうなりますように。」

(これがいわゆる「オマカセ主義」の正体である)

この観念(考え方の習慣)が、自治意識や人権意識(自分でああなるように、こうなる

ようにアクションを起こし、同様の考えを持つ者と繋がっていくこと)を妨げているこ

とに、人類が同時多発的に気づいた世紀が21世紀なのだ

 

そして日本の場合、神とやらが人を戦争にまで引きづり込むようになってから

150年しか経過していない*

 

これこそが、日本人が気づくことにより

「大いなるポテンシャル」に成り得る世界初である

(そういった条件は世界の他処にも多くあるだろう)

 

宗教法人に全てのカネの出入りを中小個人と同じく

申告義務を課すとダダをこねる一部が当然出てくるだろう

課税義務ではなく申告義務を課すだけなのだが

ダダをこねる特定の団体が出てくるはずだ

 

それこそが世界のカネのメビウスの繋ぎ目である

 

人間が神を創造してから、永いとても永い年月が経った

それは永遠ともいうべき時間の経過だ

そしてようやく神はその役目を終えようとしている

21世紀はそういう世紀なのだ

神にも功罪があり、人類は功だけをひきづいで

神を棺に納めるときなのだ

 

*明治維新以前は、一般人が戦に参加することはなかったという仮定。

≫ 続きを読む

2017/09/25 memo   jannmu
タグ:memo

お濠の大白鳥

夏も冬も、お濠(ほり)に・・・大白鳥はいつも淋しそうにしている。

 

ある日誰かが話しかけた。

「君はいつもそこに一人でいるね」

「ええ」

 

「友達はいないの?」

「かるがもちゃんたちは育つと飛んで行くのよ」

 

「君は?」

「かもちゃんと違って、TVには映らないでしょ?それが答えよ。」

 

「でもここには多くの国々から沢山の人々が訪れるけど?」

「知らないの?彼らは過去からやってくるのよ。彼らは権威が絶対的に強い時代からやってくる。」

 

「権威?」

「TVよ」

「かるがも?」

「TVに映らないものって分かる?」

「クイズ?」

「そう」

 

真夏の濠は独特の臭いが漂っている。濁った水から一尾の鯉が頭を出して大きなあくびをした。

「”TV”に映らないものが君のいう権威?」

「一部よ」

 

「権威は権威を映さない?」

「都合のわるいところはね」

 

この権威の二派の入り口で、門番に呼び止められたのを思い出す。僕のTシャツの背中には”裸の王様”がプリントされている。

 

「」

 

 

戦争時代の破滅、破局型恋愛観が潜在する世代が作った日本の一般的幸福は、自虐よりも酷い。

 

コンピューター(計算機)の覇権主義は、人間によるプログラム(映画がついた嘘)

(覇権主義者が発明したものがコンピュータだが、プログラムは変えられる。その時に、人間は時間から解放されるが、時間の使い方を知らない人間が何処に向かうのかが問題なのだ。洗濯と飯炊きで一日が終わる時代から、それらをコンピューターに任せてTVを見、満員電車で仕事場に駆り出され、賃金から頭ハネされ、ガード下の安酒屋でも付加価値税とやらを搾取されている)

人間という創造主(神は人間の創造物)がコンピューター(計算機)を神格化したものが、常時接続オンライン台のスマホ文化であり

バカ相手の神教多神教混合宗教の新しいバージョンだ。

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/25   jannmu
タグ:落書き

6度の集まり

短い針が12から右側に90度より過ぎ

長い針が12から左側に90度

 

これをひとは瞬時に3:45(15:45)という時刻の単位に置き換えることができる。

このアナログからデジタルに変換する作業は、人間の脳が持っている特徴だ。

 

デジタルの時計に慣れてしまうと、アナログへの変換ができなくなる。

脳(想像力)の劣化だ。

現代人はそのことをよくよく考え直さなければならないだろう。

アナログ時計には時刻以外にも、太陽の傾き加減やその時々の五感で感ずる何かが含まれているが

その感覚を大切にしなければならない。

 

60進法と10進法、そして360度

60時間は2.5日

7日で1週間

30日31日で1か月

しかし365日が1年。

これは本当に正しいのか?

 

地球上で巨大な力が働いたときに、軸がずれる、軌道がずれる、回転速度が変わる、大気の流れが変わる、

微かであっても物理的には大いに考えられることだ。

 

 

”とき”を表す単位や構成が重複することによる端数はどこへいく?

労働という反復行為から”とき”を考えると、週7日に労働日と休日が繰り返されるが正しいか?

 

アナログやデジタルを「表現」と捉えると、どちらが体内時計に近いか?

現代人の体内時計は狂ってはいないか?

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/07   jannmu
タグ:落書き

広告宣伝

特定の宗教布教(宣伝)に当時貢献し王族に取り入ってきたのが

ダヴィンチ以降の芸術家であろう。市民革命前後の芸術をもっと

注意深く感察する必要がある。

産業革命前後の芸術も同様に注意が必要だ。これから心がけて

感察してみようと思う。

 

アンディーウォホールに見られる、絵画よりも”大量生産大量消費”を主たる目的とした

空っぽの、ただのメディア箱としてのアートは、即札束であることは画家本人が認める

ところである。

アメリカが戦争と武器商人(現在で言う軍産学複合体としての国)の先進であることを

隠した消費アートの奨励だ。

 

 芸術の中心地がパリからニューヨークに移ったのは、偽物アーティストがあたかも

ゴールドやオイルラッシュに群がるハエのごときに成り下がった”アートの劣化”を世

界的に物語っている。

 

現代アートが”新しくあるために保全すべき”は、アフリカであり中南米であり中東であり

中国山間部や北朝鮮に残る、無垢の自然である。

 

  そこからしか新しいSOMETHINGは生まれない

 

”多様化”という言葉の陰に事実として”種”の劇的減少が起きている。本来ならば不要な

博物館や美術館、動物園が増えても地球という唯一無二の動物園を顧みず、電子映像に

宗教的に取りつかれた現代人は、一反、一町や1ヤードといった空間距離を忘れ去って

肌で感じることなしに、数インチの平たい画面に映る世界を信じている。その中の意図

された世界に生きている。

 

そこには決して満たされない根源的なものを欲望に変換し、札束印刷機の背後にある

戦争を否定しながら無意識に支えているのが民衆とかPEOPLEとか呼ばれる人の塊だ。

 

言葉を替えれば奴隷である。

 

美術館は人間のみが展示してある動物園だ。

 

ヌードと神と髪と剥げ

生きている限り永遠に生え続け伸び続ける髪の毛は

獣の毛と違い伸び続ける。

髪の毛を一生切らないでいる信仰というのもある。

 

髪の毛というのは神を言い表すときにとても分かり易い生理である。

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/04   jannmu

不思議?は創造の芽である

王制、独裁制、専制などの志向性を持つ者たちに

例えば月に集まってもらう。

 

送り出す前に信念をくれぐれも聴いておく。

定員を決める。この少数定員で世界を支配するための合宿をしてもらう。

 

食糧、水、冷暖房や調理の為の最低限必要なエネルギーを持たせてあげる。

最終的な結論がでるまで合宿は続くこととする。

プライベートを除き、合議はノーカット撮影して閲覧できることが地球臣民に与えられた最低の権利とする。

 

”月で行われる喜劇”はいかに・・・

 

毎年ヨーロッパのほうで私的会合が開かれている。

あたかも世界的公的会議のように報道されている。

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/04   jannmu
タグ:落書き
リンクバナー受付け