Something New

2017年12月

新しい価値観

新しい価値観ってなんだろう

新しい遊びってなんだろう

新しいものってなんだろう

どこにもないものってなんだろう

 

 

幼いころに家の外に遊びに出るとすべてが友達でそのすべてと、ただ遊んだ

芋虫だったり毛虫だったりミミズだったり

鼠だったり猫だったり犬だったり、あるいは彼らが寝床としている洞穴や樹木の生い茂るところだったり

 

そこにはお日様や雲やらがずっと空から覗いていて、止まっているようでいつも動いていた

 

なにして遊ぼうか?

 

そう全てに問いかけて、いつの間にか遊びに夢中になっていた

その遊びはそのとき限りの遊びで、あくる日にはまた違う遊びを思いつく

それは大人語でいうと、「条件が違うから」ということなのだけれど

その条件とは、空や大地にいる友達との意思の疎通ということになる

 

 

こうして少年は五感を研ぎ澄まし遊びの達人となっていくのだが

この星には遊びの達人と呼べるような子供が育たない

 

彼ら子供が友とするのは、たった5インチの小さな画面だけ

本来彼らの友達だった世界を大人が奪った結果

 

それをなんとかしたいと思う子供大人がいない

大人子供もいない

もちろん子供子供もいない

 

 

だから芸術は子供子供ばかりの芸術になってしまった

だから芸術は大人大人ばかりの芸術になってしまった

 

 

子供は全て芸術家だが、全ての子供が子どもではいられない

だから、芸術家は大人子供でいなければならないが

そこに新しい価値観が生まれるのだが

搾取される

芸術家は芸術家としてしか生きられない生き物なのだが

搾取される

 

そういう不寛容社会では芸術家から新しい価値観は生まれない

芸術家の真似ごとをする大人は多いが、大人子供でいられる者は数少ない

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/12/21   jannmu
タグ:

ひとを閉じ込めるもの

世界はいずれ混じり合う

臆病な人間の塊を保守という

 

枠や箱は檻と同じだ

その中でしか安らげない人間を愛国者とか国粋主義者という

 

彼らの特徴はみな同じで、肩で風を切って歩く

強面で相手と接する

そういう虚勢を癖として身に着けている

 

彼らは恐れるあまり、枠や箱や檻の外に暮らす人々を攻撃する

しかしすべて虚勢と見抜かれている

 

恐れるから攻撃し侵略する

 

 

彼らの下で人は不満を溜めこむことになる

彼らはその不満の塊を彼らが敵視する外に向けようとする

 

不満を溜めた人々もいずれその不満の相手が違うことに気づくだろう

 

虚勢は己を閉じ込めるものがなんなのか理解できないでいる愚か者どもの証だ

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/12/02   jannmu
タグ:
リンクバナー受付け