Something New

2018年03月22日

沸点と句読点

水の星であるから、水から生まれたのだから

沸騰までの時間と

煮詰める時間

そこに生と死が凝縮される

 

侘びしさを科学では表現できない

淋しいとか虚しいとかそういった言葉で包囲すると見えてくる

日本語文学が生きる為の感性と想像力とを科学が育てればいい

 

句読点は沸点に達するまでの茹で蕎麦で言う指し水のように

あるいは、やらずにぼったくる娼婦のように

しかしその句読点を打つ間合いそのものが癖になるような

個性を持ったリズム

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/03/22   jannmu
タグ: , 愛の詩
リンクバナー受付け