Something New

2018年05月29日

Possibility of digital art

先日横浜市民ギャラリーで見たデジタルアートに少々違和感を持った

その違和感について、ここ数日間考えていた

 

ここ数年、毎日なにかしらの発見というか気づきがあることに気づく

身体の成長は止まっても、脳はいくらでも発達する

いや、そもそも人間は大脳皮質をほんの数パーセントしか活用できてはいないのだ

 

その違和感とは、気持ち悪さというかシュールというか、どういう言葉が

適格なのかは分からないが、兎にも角にもキモチガワルイのだ

 

それでは数週間前に見た、池田龍雄の言うグロテスクと思われるような

表現との違いとはいったい何なのか

 

s_201802151518677542_01.jpg

 

s_DSC_0044 (2).JPG

 

s_DSC_0043 (2).JPG

 

結局のところ、デジタルアートはシュールしかできない性質を持っている

だから中途半端なシュールをやると勘違いの元になるように思うのだ

この意味をデジタル造作で育った若者たちが理解できることを願うばかりだ

 

 

市民ギャラリーにはほかに重要な展示があった

 

s_DSC_0095.jpg

 

s_DSC_0098.jpg

 

s_DSC_0097.jpg

 

 

アーティストの最も重要な役割がここにあるように思う

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/05/29   jannmu
タグ:自然 , memo
リンクバナー受付け