Something New

2018年06月

記号

士のつく職業

師のつく職業

官のつく職業と公務員

あと政治家

ほかにもあるが、

これらが記号と化している。

ただそれだけでエライと自他ともに認めていることが問題だ。

 

客席の照明が少しずつ暗くなる。劇場では爆発音や機関銃の音が

響き観客のざわめきとが少しずつクロスフェード、暗点板付きで幕が

あいた。

稲妻のような光に1人の人間が映し出される。

髪の毛はぼさぼさ顔は黒く煤け着ている。物はぼろぼろで、ところど

ころ焼け焦げて、はだしで地面に突っ伏している。

 

こういう場面設定があったとする。

これが「記号」なのだ。

問題はその役者がその後どんな台詞を言うのか言わないのか、表情はど

うか動きはどうか。

役者の力量が出る。

 

TVに出てくる面白いという「記号化」された人。

言っていることは大して面白くはないが「面白い」という風に記号化

されている。

メディアの望む記号を演ずることにより、自他ともに認める”記号とし

ての面白い人”が完成する。

TVを見ている人も、この「面白い記号」を好んでいて、面白くなくて

も笑える特技を持っている。これをTVピープルという。

 

面白いと記号化されたその人が、メディアによってつくられた己の

虚像を壊しにかかるのかそうでないのかで、単なるお笑いなのか

アーティスト(コメディアン)なのかが分かる。

 

 

アーティストといえば、美術館は人間観察には欠かせない場所だ。

 

横浜のとある美術館

 

篠山紀信の写真が展示されていた。

あるコーナーには有名な男性クラシックバレーダンサーの特大ヌード

写真が展示してあった。一糸まとわない姿だった。

 

日本女性はその展示を避けて通るという不思議な現象が起きていた。

アーティストの写真を記号として受け取る女性の生態がそこに観察でき

たのだった。

 

その作品が性別を超えられていないということでもあるように思うの

だった。

 

 

電車に乗っていたら、宙吊り広告に「清純・・・」という大きな文字と

若い女性の水着姿が載っていた。

 

ここにも「記号化」された何かがある。

 

清純というのは、その女性なりの心の状態を示すものだが、記号化され

た清純は、水着を着て大人のカネ儲けの為にグラビアに掲載されること

を示すようになってしまう。

つまり言葉が、カネ儲けによって歪曲され記号化されるという分かり易い

例である。

こういった部分は国や宗教観によって微妙に異なるだろうし、個人ごとに

違いがあるだろう。

そういったことを少なくとも2000年考えさせないことに成功している

のが日本の国体というものだ。

しかしその国体から言っても、水着を着てカネ儲けの為のグラビアに掲載

されるために、スタジオでカメラの前でポーズをとることを「清純」とは

言わないのではないのか。

 

考えさせない教育を付すために、記号ばかりを暗記するのが詰め込み教育

だ。考えることと、ただ丸暗記することとは全く違うのだ。

マークシートで答えを選ぶ教育は、子供たちに考えることをさせない。

既にある答えを選ぶだけ。

考えずに選ぶだけ。

 

3つか4つある選択肢の中から選ぶだけ。考えなくていい。

選択の仕方を学ぶのが受験教育という愚の骨頂教育の正体だ。

 

選挙ではこの選択と考えることを同時並行的に有権者として、人と

して求められるのだ。

18歳からの選挙制度の法案は、国会の右から左までが大賛成して

可決されたが、本来ならば上記に書いたような教育から見直して、そ

の成果を議論しつつ、ようやく18歳からとならなければ順序として

おかしい。

 

そもそもアベ始めは、教育基本法改正と防衛庁を省に格上げすること

からなのだった。

 

つまり国体は、用意周到に時間をかけてこの腐敗を敢えて生んでいる。

気づかせないように、考えさせないようにして、腐敗を敢えて生んで

いるのだ。

 

そういう中長期的なものの見方考え方が、日本人には欠けていることに

少しでも多く気付くことが大切だ。

 

社会の腐敗は1人の人間の状態を示すのではなく、仮初であっても

民主主義ならば、何人中何人が腐敗しているかで決まる。

 

国政選挙では約半分が投票に行かないこの国。

地方選挙では約7割の人々が投票に行かないのがこの国。

しかし、慣れていないだろうが考えてみよう。

地方自治体を別名「基礎自治体」と呼ぶのは何故なのかを。

 

 

 

そして幼子から想像力を奪うのは親だ。

駅ちかで交通の便が良く学校が近くにあって病院その他の施設が充実

している町が良いという。

 

そういう記号でこの国は、北は北海道から南は沖縄まで、開発という

美名のもとに、ヒートアイランド都市がいまも造られていて、

そこにはペットである飼い犬と飼い猫と人間しか住んではいないのだ。

 

絵本を読み聴かせる親自身が、動物を絵本の中だけに閉じ込めている

ことに気づかない。

だから基礎となる、自分が住む町の選挙に足を運ぶことをしない。

 

s_gold.jpg

写真を追加しましたので、是非ご覧になってってくださいね。

http://honjin-1.com/Gallery/archives/25

 

≫ 続きを読む

2018/06/28   jannmu
タグ:ねこ , 自然 , memo

新たな世界の共通言語

日本人の多くは癌で死ぬ。

癌という病が発見されたのはいつか。

それ以前は癌と分からずに死んでいったのか。

人生50年といわれていた当時、蘭学を学んだ

医者は記録を残したはずだがどこにあるのだろう。

長崎や小石川にはそれがあったはずだと思うのだ。

そういえば731部隊の悪事を医学面から記録し

たものはいったいどこにいったのか。

原爆を落としたアメリカが持って行ったのか。

731部隊は敗戦後ミドリ十字に変身したが、あの

組織の幹部も巣鴨卒なのだろうか。

 

スギ花粉症やインフルエンザワクチンや最近では

子宮頸がんワクチンが脅威になっているし、遺伝子組み換え

作物や農薬、除草剤殺虫剤のネオニコチノイドなどが

問題視されている。

 

ネオコン、ネオリベ、そもそもポストモダンなど、英語は

随分昔から壊れた言語のようだ。

壊れた世界の共通言語は植民地支配の名残だが、新しい世界

共通言語が”言葉の意味”を取り戻すだろう。

 

 

≫ 続きを読む

2018/06/22   jannmu
タグ: , 自然 , 落書き , memo

”超合理的” Sur rationalism

抽象的な「愛」「夢」などを他の抽象との並列比較

することによる表現は、詩「侘びしさ」で図らずも

試みている表現方法だということに最近になって気

づいた。

 

他人に読んでもらい感想を貰うことは大切なことだ。

 

想像を言葉に変換するときに自然と脳内でイメージ

化される。

今回の韓国旅行で感じたデジャブはそのことによる。

都市部は記号化され、世界中が同じ記号で都市形成

されているようだ。

 

情景描写を多用するときに、そのことを踏まえない

と媚びた文章になりがちだ。街の臭い、日差し、人

の情など。

 

景色中の最低限必要なものとそうでないものを分別

すると、その街の”記号度”が解ける。

記号度 バーチャル度・文化とは関係ないもの、生

きるために必要のないもの、バーチャルに洗脳され

ている度合

 

川面の殺意

背景と具象・抽象概念を”超える”ものを自然から切り

取る

言ってみれば”超合理的”とでも表そうか。

あの写真では、階段が自然を切り取ったことを証明づ

けている。

 

この超合理主義的な表現は「出涸らし」などにも無意

識に表れているようだ。

 

合理は合理であって不合理を排除することだ。

 

キャプチャ.PNG

 

しかし、「君のことがこんなに好きだ」という感情は、いったいどこから

生まれるのだろうかと考えた。不合理だ。

少なくともそれは君との出会いなのだと思ったのだった。

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/06/22   jannmu

狼と少年

Recovered_JPEG Digital Camera_243.jpg

 

Recovered_JPEG Digital Camera_244.jpg

*昭和39~42年ころ 川崎市労働会館

 

「ヤバイずらかれ!」

本番数日前の幼稚園でのリハーサルのとき、父親が前夜に冗談で言ったのであろう

このセリフを本気で叫ぶと、集まっていた大人たちは”ドン引き”するのであった。

 

台本のセリフは

「たいへんだ!狼だ!、みんな逃げろ!」だったと思う。

狼が村を襲いにくることを事前に察知した少年が、村人にその危険を大声で教え

るのだが狼はやってこず、その度に少年は「嘘つき小僧」と言われ、村人にこっ

ぴどい目にあうのだった。

 

そして村人が少年の言葉に耳を傾けなくなったときに、本当に狼が襲ってくる。

そんな物語だったと記憶している。

 

しかし何故、リハーサルで父の冗談を真に受けたのか覚えてはいない。

が、推測するに父親っ子であったこと、狼役の衣装である耳と尻尾を母親たちが

作る際に、私の自宅に集合して皆で裁縫しているのを見て、そっちの衣装がいい

とダダを捏ねた覚えがある。

その時に両親は、どうしてもチョンチョコリンで絣の着物を着せたくて仕方がな

く、私の条件に無条件降伏したのであった。

 

私が出したその条件とは、学芸会が終わったらその足ですぐにさいか屋に言って

当時欲しくて仕方がなかったおもちゃのレーシングカーセットを買うということ

なのだった。

両親はその条件を受け入れたわけなので、私は父が冗談でいったであろう「ヤバ

イずらかれ!」を約束通りに履行したわけだ。

 

日本にとりアジアにとり世界の労働者にとり、ここでいう「狼」とはなんであるの

か。

言わずもがなである。

 

アベ自公政治などという小さな対象ではないとだけ断っておきたい。

 

出涸らし

 

段取り

 

たーいへんだおーかみだー

そーれいけウンパッパ そーれいけウンパッパ

なーんだおおかみいないぞいないぞ

なーんだおおかみいないぞいないぞ

かえるがなくからかーえろかえろ

「たいへんだー!おおかみだー!」

 

村人には村八分、狼にもいじめられる少年の物語でもある。

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/06/09   jannmu
タグ:落書き , memo
リンクバナー受付け