Something New

2018年12月

地球の子よ

金環食は、太陽から月への指輪のプレゼント

地球は月の真後ろからそれを見て嫉妬した

月食は地球への指輪のプレゼント

月は地球に嫉妬はしない

 

地球は太陽に照らされ、夜は月の鏡に太陽を見る

太陽の光に映し出される”蒼”の美しさを知らない地球の悲しさよ

 

唯一無二の太陽に引けをとらない己の美しさを知らぬ者よ

知らぬが故の破壊行為は無知の極致

 

太陽は与え、月は夜を映し出す鏡

宇宙はまるで映画のようにこの星を映し出す

 

そのメッセージはいつも美しいこの地球をうらやんでいる

 

太陽神でも月の女神でもない

地球の子よ

 

目覚める時だ

 

2018.12.18  22:25

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/12/19   jannmu
タグ: , 自然 , memo , 愛の詩 , SPACE

先入観と権威

言葉・文章で描写する絵画

これが私の仕事

経験と補足のための絵と写真と詩

 

ダウンロード.jpg

 

般若の面から当時の西欧が受け取った美的感覚を、東洋で感覚する。

 

 

鋼鉱物を”カネ(支配)”に替えることを科学と最近ではいうらしい。

 

 

 

 

 

埴谷の思想が、裏腹の今日のネトウヨを生んだが、県立現代文学館はなぜか彼をやらない。

埴谷雄高

本能である”競う”ことを否定するのは、結局唯一絶対神を肯定することにほからならない。

 

 

スポーツであれなんであれ、プロの仕事は

裾野を広げボトムアップ(底辺に生きる人の生活レベルの向上)を図ることだが、勘違いしたプロは目的を誤ったが故に、自らの業界のレベルを下げ続けている。

 

s_キャプチ.jpg

パリコレに限らず世界中で使われているメイクアップ手法だろう。

しかしこのベースが「般若」であることは間違いないだろう。

「美」とはなんぞや。

ちなみに私は彼女の大ファンである。

 

このことを「先入観なき創造」と私は呼んでいる。

すべてが出尽くした現代の忘却故の作業かもしれない。しかしたった10年20年で焼き直し繰り返されるTV芸能とは明確に違う。

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/12/06   jannmu
タグ: , 落書き , memo , 愛の詩 , SPACE
リンクバナー受付け