Something New

2020年12月6日

Gram cuty 夜夢

 

 

 

日の当たらない

ずっと湿った時間を過ごす地帯に

カーテンの隙間から射し込む

半月の、それでも眩しい夜の光に

微かに香る風と水の匂い

 

潤んだ瞳

生まれたばかりの人の声

 

波のざわめきとともに

ゆっくりと激しく

優しく強く、そして痛痒い

 

余韻を内包する生命体

 

星は煌めいて一瞬に

流れる、動き、たち停まる

 

そのときに

記憶の断片がメクルメク

 

そのすべてが夜の猫科の

心を弛緩した目に映っている

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2020/12/06   jannmu
リンクバナー受付け