Something New

うつ状態

When safety and security become expensive?

安全や安心が高価になるとき

 

 

 

危険なものや危険な人や考え方が増えてくると

相対的に安全や安心といった価値観が高価になる

 

先進国の人々は水を汲みにいかなくてよくなり

薪を切り出しに行かなくてよくなり

隣町まで歩いて行かなくてよくなり

 

 

生きる為の必要不可欠だった運動から遠くなった

 

 

 

殆どの人が病院で生まれ、殆どの人が病院で死ぬ

生活から「生と死は切り離されてしまった」

日本では障がい者や病気になった年寄りも切り離されている

人口の大部分を占める健常者が健常なうちに気づかないとやがて自分も隔離される

すべてを剥ぎ取られて用無しになると屠殺される

 

冬は河豚の美味しい季節だ

河豚を綺麗な伊万里の皿に薄切りにして飾り付けて

独特のタレで食うのは日本人の食文化だが、私は生まれてから一度しか食ったことがない

 

河豚の肝は猛毒だから扱う職人は猛毒を扱い管理する技術と知識を持っていなければならない

だから河豚料理は高価だ

 

世界中に武器や毒が増えていくと、技術もなく管理者でもない者が武器をコンビニや闇ルートで入手できるようになってしまう

これが資本主義の欠点だ

 

危なくなればなるほど武器が売れる

危なくないのに危ない雰囲気をTVや新聞などで演出することもできる

そうすると武器が売れる

 

世界中で一番高価な商品が武器だ

 

しかしもっと言えば、人間をも商品にしてしまうのが資本主義だ

 

それでは資本主義以外に変えたら人身売買や臓器(売買)移植などはなくなるだろうか?

 

 

敢えて書きかけにしておこうと思う。

 

 

 

*「屠殺」という文字変換ができなくなっている

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/12/08   jannmu

認知

感性を鏡に投げつける

過激に優しく

 

反射してくる

反ってくる

 

鏡の外を鳥たちが飛び交っている

熱帯魚が体を翻す

羽音に昆虫が集まってくる

哺乳類が目を輝かす

 

動作は作動する

向き合う鏡に映る永遠

 

自己認識との差異

社会通念と狂気のずれ

 

悪性と善性の同居を発見する

 

知の認識が哲学で感覚の認識が芸術という鏡のささやき

 

生き方と認識とのずれを認知できない多くの現代人

 

 

これ見てたら言葉が浮かんだ

https://www.youtube.com/watch?v=ldkWGH8SVCM

 

 

昨日からずっと冷たい雨が降り続いている。出不精になって部屋に籠っていたが、食料の買い出しに今日は外へ出た。

ジャンクフードを久々に外食して、道端に散らかる傘に被せる薄いビニール袋を見て陰鬱となる。

 

 

十数年経過して初めて直接人目に触れた私の写真の模様

 

DSC_1291.jpg

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/11/23   jannmu

目に見えないもの

目に見えないものを心で感ずる

心で感ずる以前の話として「音と匂いと味」がある

 

現代はエンジン音や電気モーター音と排ガスに溢れていて

耳と鼻を塞がれた時代だ

 

そして目に見えるものだけに極端に依存している

見た目だけ外見だけの人間が幅を利かしているのはこのためだ

 

メディアはそもそも匂いや味を持っていない

人は人工香料や人工甘味料に嗅覚や舌を侵されている

 

そのことに日々違和感を感ずるものは病人とされる

 

ことさらに視覚だけに訴えかけるような表現を駆使して

独裁者は危機感を煽り

独裁者の無能を隠す

 

こういう時代に健常者よりも、ろう者、もう者の感覚が比べ物にならないほど鋭いはずだ

このことを現代社会は偽善で纏いながら無視している

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/11/06   jannmu
タグ: , 自然 , memo , うつ状態

無題

命名するというある種の”限定”を否定するための無名や無題なら

それは作家の”逃げ”であるとは考えられまいか

 

聴衆により作られたイメージも同様だ

ある意味、聴衆の抱く”期待”でもあるだろう

 

「聴衆にそう見えるのなら、そうであり、それを決めるのは作者ではない」

 

しかし作品はたとへ誰の手に渡っても、作家のものであり作者の魂であり続ける

 

作品の衣装としての詩であるならば

着せ替えて”敢えて”期待を裏切るのも

千変万化の詩や写真に相応しいと考える

 

神であると同時に悪魔であり、それはそのまま人間の矛盾の

投影であり、そのことへの認知が普遍へと繋がる

 

 

≫ 続きを読む

2018/07/25   jannmu
リンクバナー受付け