Something New

ねこ

”良いもの”を作るには、質の良い”人”を育てる

紬(つむぎ)、染(そめ)

 

将来かならずやってくる小人口化

そのときのことを日本人は誰も創造できない、想像しようとしない。

 

桶や樽にはできることがある。

金属容器・プラスチック容器にはできないことがある。

 

時間と空間が大いに関係していて、職人は絶滅危惧され

機械は機械が作っている。プログラマーだって職人だ。

 

国民全員が高等教育を受け、各種専門知識を身に着ける。

 

”良いもの”を作るには、質の良い”人”を育てることから始める。

 

織、染、大工、食(農)、漁業     これ以外の職人が必要だろうか。

 

 

 

環境含め良いものとは、一生もの布でもデザインでも飽きないもの。

形見として残せるようなもの。

 

そういう職人が少子化ならばできる。

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/12/29   jannmu
タグ:ねこ , , 自然 , memo , 愛の詩 , SPACE

When safety and security become expensive?

安全や安心が高価になるとき

 

 

 

危険なものや危険な人や考え方が増えてくると

相対的に安全や安心といった価値観が高価になる

 

先進国の人々は水を汲みにいかなくてよくなり

薪を切り出しに行かなくてよくなり

隣町まで歩いて行かなくてよくなり

 

 

生きる為の必要不可欠だった運動から遠くなった

 

 

 

殆どの人が病院で生まれ、殆どの人が病院で死ぬ

生活から「生と死は切り離されてしまった」

日本では障がい者や病気になった年寄りも切り離されている

人口の大部分を占める健常者が健常なうちに気づかないとやがて自分も隔離される

すべてを剥ぎ取られて用無しになると屠殺される

 

冬は河豚の美味しい季節だ

河豚を綺麗な伊万里の皿に薄切りにして飾り付けて

独特のタレで食うのは日本人の食文化だが、私は生まれてから一度しか食ったことがない

 

河豚の肝は猛毒だから扱う職人は猛毒を扱い管理する技術と知識を持っていなければならない

だから河豚料理は高価だ

 

世界中に武器や毒が増えていくと、技術もなく管理者でもない者が武器をコンビニや闇ルートで入手できるようになってしまう

これが資本主義の欠点だ

 

危なくなればなるほど武器が売れる

危なくないのに危ない雰囲気をTVや新聞などで演出することもできる

そうすると武器が売れる

 

世界中で一番高価な商品が武器だ

 

しかしもっと言えば、人間をも商品にしてしまうのが資本主義だ

 

それでは資本主義以外に変えたら人身売買や臓器(売買)移植などはなくなるだろうか?

 

 

敢えて書きかけにしておこうと思う。

 

 

 

*「屠殺」という文字変換ができなくなっている

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/12/08   jannmu

A Letter

Long long time ago

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Once upon a time

 

 

 

Somebody throughout a letter big ocian in a bottle every day

It'll don't know be taken Who When the letter

The Letter in a glass bottle know "Just kidding" on the papere

 

 

But it happen by one peace

The Change bigun When A girl pick it upon some beach

people said that "restart"

 

 

So adults dreem is like that may be...

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/01/21   jannmu

scale and ruler

大人の話として、あくまでも大人の話としてだが

自分の心の定規を表現することと

自分以外の単なる定規で表現することの違いを理解できないのは、犬の「お手」とか「チンチン」などの芸と同じで術にはならない

芸などは犬でも猫でもできる

芸術としてあることはどういうことなのだろうか

 

それは愛と憎しみという感情が同答で、しかし裏腹であり表裏一体のものであることを理解しなおかつ制御して、その内なる葛藤を表現として体内から汗の副産物として排泄するもの

そこに権威という衣は全く不要であり、しかし権威という衣は実力に伴って追いかけてくるものだが、振り払うことをづづける作家を芸術家というのだろう

権威にすがりつくことは、その芸術の終焉にほかならない

なぜなら芸術家の持つ術は、その個人にしかできないもののはずだから

つまり新しい価値観の創造だが、時代、100年、1世紀先を見据えてこそ

 

人がだれかを「殺してやりたい」と思うことを私は否定しない

殺意は恋と裏腹で、恋の対象には近づこうとするが殺意の対象からは遠ざかろうとする

移動の自由はそこにもあるべきだろう

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/09/21   jannmu

記号

士のつく職業

師のつく職業

官のつく職業と公務員

あと政治家

ほかにもあるが、

これらが記号と化している。

ただそれだけでエライと自他ともに認めていることが問題だ。

 

客席の照明が少しずつ暗くなる。劇場では爆発音や機関銃の音が

響き観客のざわめきとが少しずつクロスフェード、暗点板付きで幕が

あいた。

稲妻のような光に1人の人間が映し出される。

髪の毛はぼさぼさ顔は黒く煤け着ている。物はぼろぼろで、ところど

ころ焼け焦げて、はだしで地面に突っ伏している。

 

こういう場面設定があったとする。

これが「記号」なのだ。

問題はその役者がその後どんな台詞を言うのか言わないのか、表情はど

うか動きはどうか。

役者の力量が出る。

 

TVに出てくる面白いという「記号化」された人。

言っていることは大して面白くはないが「面白い」という風に記号化

されている。

メディアの望む記号を演ずることにより、自他ともに認める”記号とし

ての面白い人”が完成する。

TVを見ている人も、この「面白い記号」を好んでいて、面白くなくて

も笑える特技を持っている。これをTVピープルという。

 

面白いと記号化されたその人が、メディアによってつくられた己の

虚像を壊しにかかるのかそうでないのかで、単なるお笑いなのか

アーティスト(コメディアン)なのかが分かる。

 

 

アーティストといえば、美術館は人間観察には欠かせない場所だ。

 

横浜のとある美術館

 

篠山紀信の写真が展示されていた。

あるコーナーには有名な男性クラシックバレーダンサーの特大ヌード

写真が展示してあった。一糸まとわない姿だった。

 

日本女性はその展示を避けて通るという不思議な現象が起きていた。

アーティストの写真を記号として受け取る女性の生態がそこに観察でき

たのだった。

 

その作品が性別を超えられていないということでもあるように思うの

だった。

 

 

電車に乗っていたら、宙吊り広告に「清純・・・」という大きな文字と

若い女性の水着姿が載っていた。

 

ここにも「記号化」された何かがある。

 

清純というのは、その女性なりの心の状態を示すものだが、記号化され

た清純は、水着を着て大人のカネ儲けの為にグラビアに掲載されること

を示すようになってしまう。

つまり言葉が、カネ儲けによって歪曲され記号化されるという分かり易い

例である。

こういった部分は国や宗教観によって微妙に異なるだろうし、個人ごとに

違いがあるだろう。

そういったことを少なくとも2000年考えさせないことに成功している

のが日本の国体というものだ。

しかしその国体から言っても、水着を着てカネ儲けの為のグラビアに掲載

されるために、スタジオでカメラの前でポーズをとることを「清純」とは

言わないのではないのか。

 

考えさせない教育を付すために、記号ばかりを暗記するのが詰め込み教育

だ。考えることと、ただ丸暗記することとは全く違うのだ。

マークシートで答えを選ぶ教育は、子供たちに考えることをさせない。

既にある答えを選ぶだけ。

考えずに選ぶだけ。

 

3つか4つある選択肢の中から選ぶだけ。考えなくていい。

選択の仕方を学ぶのが受験教育という愚の骨頂教育の正体だ。

 

選挙ではこの選択と考えることを同時並行的に有権者として、人と

して求められるのだ。

18歳からの選挙制度の法案は、国会の右から左までが大賛成して

可決されたが、本来ならば上記に書いたような教育から見直して、そ

の成果を議論しつつ、ようやく18歳からとならなければ順序として

おかしい。

 

そもそもアベ始めは、教育基本法改正と防衛庁を省に格上げすること

からなのだった。

 

つまり国体は、用意周到に時間をかけてこの腐敗を敢えて生んでいる。

気づかせないように、考えさせないようにして、腐敗を敢えて生んで

いるのだ。

 

そういう中長期的なものの見方考え方が、日本人には欠けていることに

少しでも多く気付くことが大切だ。

 

社会の腐敗は1人の人間の状態を示すのではなく、仮初であっても

民主主義ならば、何人中何人が腐敗しているかで決まる。

 

国政選挙では約半分が投票に行かないこの国。

地方選挙では約7割の人々が投票に行かないのがこの国。

しかし、慣れていないだろうが考えてみよう。

地方自治体を別名「基礎自治体」と呼ぶのは何故なのかを。

 

 

 

そして幼子から想像力を奪うのは親だ。

駅ちかで交通の便が良く学校が近くにあって病院その他の施設が充実

している町が良いという。

 

そういう記号でこの国は、北は北海道から南は沖縄まで、開発という

美名のもとに、ヒートアイランド都市がいまも造られていて、

そこにはペットである飼い犬と飼い猫と人間しか住んではいないのだ。

 

絵本を読み聴かせる親自身が、動物を絵本の中だけに閉じ込めている

ことに気づかない。

だから基礎となる、自分が住む町の選挙に足を運ぶことをしない。

 

s_gold.jpg

写真を追加しましたので、是非ご覧になってってくださいね。

http://honjin-1.com/Gallery/archives/25

 

≫ 続きを読む

2018/06/28   jannmu
タグ:ねこ , 自然 , memo
リンクバナー受付け