Something New

落書き

scale and ruler

大人の話として、あくまでも大人の話としてだが

自分の心の定規を表現することと

自分以外の単なる定規で表現することの違いを理解できないのは、犬の「お手」とか「チンチン」などの芸と同じで術にはならない

芸などは犬でも猫でもできる

芸術としてあることはどういうことなのだろうか

 

それは愛と憎しみという感情が同答で、しかし裏腹であり表裏一体のものであることを理解しなおかつ制御して、その内なる葛藤を表現として体内から汗の副産物として排泄するもの

そこに権威という衣は全く不要であり、しかし権威という衣は実力に伴って追いかけてくるものだが、振り払うことをづづける作家を芸術家というのだろう

権威にすがりつくことは、その芸術の終焉にほかならない

なぜなら芸術家の持つ術は、その個人にしかできないもののはずだから

つまり新しい価値観の創造だが、時代、100年、1世紀先を見据えてこそ

 

人がだれかを「殺してやりたい」と思うことを私は否定しない

殺意は恋と裏腹で、恋の対象には近づこうとするが殺意の対象からは遠ざかろうとする

移動の自由はそこにもあるべきだろう

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/09/21   jannmu

無題

命名するというある種の”限定”を否定するための無名や無題なら

それは作家の”逃げ”であるとは考えられまいか

 

聴衆により作られたイメージも同様だ

ある意味、聴衆の抱く”期待”でもあるだろう

 

「聴衆にそう見えるのなら、そうであり、それを決めるのは作者ではない」

 

しかし作品はたとへ誰の手に渡っても、作家のものであり作者の魂であり続ける

 

作品の衣装としての詩であるならば

着せ替えて”敢えて”期待を裏切るのも

千変万化の詩や写真に相応しいと考える

 

神であると同時に悪魔であり、それはそのまま人間の矛盾の

投影であり、そのことへの認知が普遍へと繋がる

 

 

≫ 続きを読む

2018/07/25   jannmu

のみとり猫の生産性

家ネズミは人間がほとんど駆逐してしまったから

猫は本能を失ってしまった

猫がネズミを獲る習慣を奪ったのは人間だ

 

今度は自らのみとりをしてくれるといいななどと

驕った妄想をするのが人間だ

 

 

いま世界中で起こっている差別問題は

こういった「猫への新たな生産性を求める」ようなものなのだ

 

しかし差別という問題は、なにもいまに始まったことではない

だからこれからも時間をじっくりかけて継続して解決していくべきことだ

理屈で「差別はだめ」だと子供たちに教えたところで無駄だ

子供たちは子供たちだけの世界で遊びながら差別して差別されて

差別とは何かを身をもって学ぶものだ

そうして精神的にも肉体的にも、差別はいけないことだと学ぶ

 

子供たちだけで遊ぶ場所を大人たちはこれまで奪ってきた

遊ぶ場所は学ぶ場所でもあるが、大人たちは奪ってきた

そのことを何も反省せずにただ差別は駄目だと頭から教えようとしている

 

そうして育ち、理屈では駄目だといいながら実際に無意識に差別している大人がどれだけ多いことだろう

近くにある公園の掲示板に書かれている「子供たちへの禁止事項」を読んでも何も感じない大人たちが差別を語ることの愚かしさと矛盾を日々感ずる

 

この国に支配層など存在しないという子供じみた考えで、その支配層が一番隠したいことに煙幕を張るときに使う手法が、必ずと言っていいが差別的な発言や失言だ

そのことに気づかない大人もやはり間接的には彼ら支配層に協力している、させられている

差別の問題は誰も避けることができないが、そのことを逆手に取られているというわけだ

 

『おとなは、みんなうそつきだ!』

≫ 続きを読む

2018/07/25   jannmu
タグ: , 自然 , 落書き , memo

新たな世界の共通言語

日本人の多くは癌で死ぬ。

癌という病が発見されたのはいつか。

それ以前は癌と分からずに死んでいったのか。

人生50年といわれていた当時、蘭学を学んだ

医者は記録を残したはずだがどこにあるのだろう。

長崎や小石川にはそれがあったはずだと思うのだ。

そういえば731部隊の悪事を医学面から記録し

たものはいったいどこにいったのか。

原爆を落としたアメリカが持って行ったのか。

731部隊は敗戦後ミドリ十字に変身したが、あの

組織の幹部も巣鴨卒なのだろうか。

 

スギ花粉症やインフルエンザワクチンや最近では

子宮頸がんワクチンが脅威になっているし、遺伝子組み換え

作物や農薬、除草剤殺虫剤のネオニコチノイドなどが

問題視されている。

 

ネオコン、ネオリベ、そもそもポストモダンなど、英語は

随分昔から壊れた言語のようだ。

壊れた世界の共通言語は植民地支配の名残だが、新しい世界

共通言語が”言葉の意味”を取り戻すだろう。

 

 

≫ 続きを読む

2018/06/22   jannmu
タグ: , 自然 , 落書き , memo

”超合理的” Sur rationalism

抽象的な「愛」「夢」などを他の抽象との並列比較

することによる表現は、詩「侘びしさ」で図らずも

試みている表現方法だということに最近になって気

づいた。

 

他人に読んでもらい感想を貰うことは大切なことだ。

 

想像を言葉に変換するときに自然と脳内でイメージ

化される。

今回の韓国旅行で感じたデジャブはそのことによる。

都市部は記号化され、世界中が同じ記号で都市形成

されているようだ。

 

情景描写を多用するときに、そのことを踏まえない

と媚びた文章になりがちだ。街の臭い、日差し、人

の情など。

 

景色中の最低限必要なものとそうでないものを分別

すると、その街の”記号度”が解ける。

記号度 バーチャル度・文化とは関係ないもの、生

きるために必要のないもの、バーチャルに洗脳され

ている度合

 

川面の殺意

背景と具象・抽象概念を”超える”ものを自然から切り

取る

言ってみれば”超合理的”とでも表そうか。

あの写真では、階段が自然を切り取ったことを証明づ

けている。

 

この超合理主義的な表現は「出涸らし」などにも無意

識に表れているようだ。

 

合理は合理であって不合理を排除することだ。

 

キャプチャ.PNG

 

しかし、「君のことがこんなに好きだ」という感情は、いったいどこから

生まれるのだろうかと考えた。不合理だ。

少なくともそれは君との出会いなのだと思ったのだった。

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/06/22   jannmu

狼と少年

Recovered_JPEG Digital Camera_243.jpg

 

Recovered_JPEG Digital Camera_244.jpg

*昭和39~42年ころ 川崎市労働会館

 

「ヤバイずらかれ!」

本番数日前の幼稚園でのリハーサルのとき、父親が前夜に冗談で言ったのであろう

このセリフを本気で叫ぶと、集まっていた大人たちは”ドン引き”するのであった。

 

台本のセリフは

「たいへんだ!狼だ!、みんな逃げろ!」だったと思う。

狼が村を襲いにくることを事前に察知した少年が、村人にその危険を大声で教え

るのだが狼はやってこず、その度に少年は「嘘つき小僧」と言われ、村人にこっ

ぴどい目にあうのだった。

 

そして村人が少年の言葉に耳を傾けなくなったときに、本当に狼が襲ってくる。

そんな物語だったと記憶している。

 

しかし何故、リハーサルで父の冗談を真に受けたのか覚えてはいない。

が、推測するに父親っ子であったこと、狼役の衣装である耳と尻尾を母親たちが

作る際に、私の自宅に集合して皆で裁縫しているのを見て、そっちの衣装がいい

とダダを捏ねた覚えがある。

その時に両親は、どうしてもチョンチョコリンで絣の着物を着せたくて仕方がな

く、私の条件に無条件降伏したのであった。

 

私が出したその条件とは、学芸会が終わったらその足ですぐにさいか屋に言って

当時欲しくて仕方がなかったおもちゃのレーシングカーセットを買うということ

なのだった。

両親はその条件を受け入れたわけなので、私は父が冗談でいったであろう「ヤバ

イずらかれ!」を約束通りに履行したわけだ。

 

日本にとりアジアにとり世界の労働者にとり、ここでいう「狼」とはなんであるの

か。

言わずもがなである。

 

アベ自公政治などという小さな対象ではないとだけ断っておきたい。

 

出涸らし

 

段取り

 

たーいへんだおーかみだー

そーれいけウンパッパ そーれいけウンパッパ

なーんだおおかみいないぞいないぞ

なーんだおおかみいないぞいないぞ

かえるがなくからかーえろかえろ

「たいへんだー!おおかみだー!」

 

村人には村八分、狼にもいじめられる少年の物語でもある。

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/06/09   jannmu
タグ:落書き , memo

悪魔の創造主

エイリアンは人間が創りだす。地球外からやってくるのではない

そのエイリアンはいずれ人間を滅ぼすことになる

神の名の下に悪魔を創造することと同じだ

 

戦時における軍法は、人が躊躇することなく殺人する教育を人に付し

戦場での殺人行為を正当化する

 

軍事法や軍事裁判所はこの星の生命を欺く詐欺であり、軍隊や武器を

殺人と破壊を肯定し合法化する諸悪の根源だ

 

武器経済は究極のインサイダー先物取引であり、たとえば中東の

戦争で武器供給が止まないのはこのためだ

 

9条の持つ平和理念を理論的に超えるものはいまのところない

武力に対し、無条件降伏であれそもそもそれ以前に平和は無条件なものだ

 

世界的な情報伝達の透明性がこれらの矛盾を解決するが、情報を歪める

現在の世界体制は実体のない過剰な供給を正当化し、過剰な廃棄という

新たな(無駄な)需要と供給を生み、そこに更に実体のない経済が膨らむ

バブルを演出する

 

その恩恵に神が浸る現代は、情報読解力と想像力を削られ立体的思考が

できないロボット人間に既に覆われていて、これを推進しようとする輩と

これに危機感を覚える人々の頭脳の闘いだが、後者が目先のカネに手を

出すならば途端にヴァンパイアやミイラ取りのミイラに変わってしまう

何も感じなくなってしまう

 

それでも魂を売らない人だけが年月を経て顕在化するのは

指し示し、導く立体性にほかならない

この意味において私は無神論といってはばからない

 

武器を売ることを肯定し、人を殺すことを否定する

少なくとも国連軍は二重人格ジキルとハイドそのものであり、人道に

おいても武器流入を規制しない国連は理論破綻を当初からしている

 

迷信、盲信から目覚めるときだ

人殺し、共食いという最悪に妥協はない

その撲滅を妥協させようとする何かが神であり悪魔であり人間だ

≫ 続きを読む

2018/01/18   jannmu
タグ:落書き

お濠の大白鳥

夏も冬も、お濠(ほり)に・・・大白鳥はいつも淋しそうにしている。

 

ある日誰かが話しかけた。

「君はいつもそこに一人でいるね」

「ええ」

 

「友達はいないの?」

「かるがもちゃんたちは育つと飛んで行くのよ」

 

「君は?」

「かもちゃんと違って、TVには映らないでしょ?それが答えよ。」

 

「でもここには多くの国々から沢山の人々が訪れるけど?」

「知らないの?彼らは過去からやってくるのよ。彼らは権威が絶対的に強い時代からやってくる。」

 

「権威?」

「TVよ」

「かるがも?」

「TVに映らないものって分かる?」

「クイズ?」

「そう」

 

真夏の濠は独特の臭いが漂っている。濁った水から一尾の鯉が頭を出して大きなあくびをした。

「”TV”に映らないものが君のいう権威?」

「一部よ」

 

「権威は権威を映さない?」

「都合のわるいところはね」

 

この権威の二派の入り口で、門番に呼び止められたのを思い出す。僕のTシャツの背中には”裸の王様”がプリントされている。

 

「」

 

 

戦争時代の破滅、破局型恋愛観が潜在する世代が作った日本の一般的幸福は、自虐よりも酷い。

 

コンピューター(計算機)の覇権主義は、人間によるプログラム(映画がついた嘘)

(覇権主義者が発明したものがコンピュータだが、プログラムは変えられる。その時に、人間は時間から解放されるが、時間の使い方を知らない人間が何処に向かうのかが問題なのだ。洗濯と飯炊きで一日が終わる時代から、それらをコンピューターに任せてTVを見、満員電車で仕事場に駆り出され、賃金から頭ハネされ、ガード下の安酒屋でも付加価値税とやらを搾取されている)

人間という創造主(神は人間の創造物)がコンピューター(計算機)を神格化したものが、常時接続オンライン台のスマホ文化であり

バカ相手の神教多神教混合宗教の新しいバージョンだ。

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/25   jannmu
タグ:落書き

6度の集まり

短い針が12から右側に90度より過ぎ

長い針が12から左側に90度

 

これをひとは瞬時に3:45(15:45)という時刻の単位に置き換えることができる。

このアナログからデジタルに変換する作業は、人間の脳が持っている特徴だ。

 

デジタルの時計に慣れてしまうと、アナログへの変換ができなくなる。

脳(想像力)の劣化だ。

現代人はそのことをよくよく考え直さなければならないだろう。

アナログ時計には時刻以外にも、太陽の傾き加減やその時々の五感で感ずる何かが含まれているが

その感覚を大切にしなければならない。

 

60進法と10進法、そして360度

60時間は2.5日

7日で1週間

30日31日で1か月

しかし365日が1年。

これは本当に正しいのか?

 

地球上で巨大な力が働いたときに、軸がずれる、軌道がずれる、回転速度が変わる、大気の流れが変わる、

微かであっても物理的には大いに考えられることだ。

 

 

”とき”を表す単位や構成が重複することによる端数はどこへいく?

労働という反復行為から”とき”を考えると、週7日に労働日と休日が繰り返されるが正しいか?

 

アナログやデジタルを「表現」と捉えると、どちらが体内時計に近いか?

現代人の体内時計は狂ってはいないか?

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/07   jannmu
タグ:落書き

不思議?は創造の芽である

王制、独裁制、専制などの志向性を持つ者たちに

例えば月に集まってもらう。

 

送り出す前に信念をくれぐれも聴いておく。

定員を決める。この少数定員で世界を支配するための合宿をしてもらう。

 

食糧、水、冷暖房や調理の為の最低限必要なエネルギーを持たせてあげる。

最終的な結論がでるまで合宿は続くこととする。

プライベートを除き、合議はノーカット撮影して閲覧できることが地球臣民に与えられた最低の権利とする。

 

”月で行われる喜劇”はいかに・・・

 

毎年ヨーロッパのほうで私的会合が開かれている。

あたかも世界的公的会議のように報道されている。

 

 

≫ 続きを読む

2017/09/04   jannmu
タグ:落書き
リンクバナー受付け