Something New

memo

えだまめ

一人っ子のえだまめは

遠い昔の砂漠の王子

 

二人っ子のえだまめは

オペラグラス

 

三人兄弟のえだまめは

お祭りの始まり

 

四人兄弟のえだまめは

罪意識

 

s_DSC_0011.jpg

 

 

≫ 続きを読む

2019/04/13   jannmu
タグ: , 自然 , 落書き , memo , SPACE

幸せの段取り

0AMXpaGw3gDGavx1559293135_1559293143.png

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅でひとり酒を飲みながら飲んだ後の〆を何にするか考えていた。

 

学生時代のアルバイトのほとんどは接客仕事募集で入ったが、どこでもいつの間にか調理場に回っていた。

 

従業員に食べさせる賄いという食事は、ここ数年の日本人精神の堕落によって金をとるので、メニューから従業員に選ばせるという変な方式に変わってしまった。

 

 

冷蔵庫や野菜保存するための籠に残っている食材で、早いもの(職人のあいだでは”アニキ”という)から片付けていかなくてはならない。経理でいうと”先入れ先出し法”という、食材調理人にとっては最も理にかなった手法だ。

 

世の主婦やお母さん方が無意識にしていることだが、それを学者にも理解できる正式名称に変換すると、そういう味気ない言葉になってしまうが、私にはそのことを理解しつつ敢えて境目を設けないというのが天地人に明確な境目がないという科学者的味気無さなのかもしれない。

 

 

 

 

 

そして今夜私が取り出した”アニキ”は長ネギである。

 

そしてこれも含めて〆というか寝る前の主食的な料理に仕立てなければならないという命題を、大げさに言えば背負っているのだ。

 

寝る前の食事を夕食とかその後の夜食というが、夢を見るには栄養が必要だ。死ぬことにすらある意味相当なエネルギーを必要とするように。

 

そういえばラーメンが冷蔵庫にある。

 

アルコールを飲んだ後のラーメンというのは振り返れば今を去ること30年前に、鶴見駅前にあったストリップ劇場に友人数人と行って、劇場ホール脇の自動販売機で買った缶ビールを数本飲みながら心も体も盛り上がった。

 

そのあとに寒風吹きすさぶ駅前で屋台のラーメンを食した時のその味が、脳裏に強く残存していることが主たる原因であり、あのときの女性の裸体の強さと美しさがそのもう一つの要因であることが、こうして白髪ねぎを刻んでいることの、つまり欲求の平和的消火作業とでもいえばいいのだろうか、そういう蓄積した記憶を”大人”ともしもいうならば、それはそれで逆らっても無駄な行為というものだということすら感ずる年齢に早くもなってしまったというべきか、ようやくなったというべきことか。

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/03/31   jannmu

『テレビ報道の深刻な事態』

 

『テレビ報道の深刻な事態』.pdf

≫ 続きを読む

2019/03/26   jannmu
タグ:memo

マゾヒストとサディスト

劇的なるものをめぐってⅡと劇場型政治

 

一昨年に早稲田で見たときのチラシが残っていて、朝食をとりながらつらつらと思い返す。

あのとき大隈講堂の2階席で見ていて、台詞は7・5調の日本語なのだが

意味はまったくわからず、それでも日本なので大体のストーリーは理解で

きた。

 

チラシは一見してSMだとわかるが、彼ら劇作家はSMという表現を使わない。

マゾヒストとサディスト、この両者を人は誰もが併せ持つ。TVのお笑い番組

などは典型的なSMだが、視聴者はそのことに気づかないでいる。意識が眠っ

ている状態を潜在化というのだろう。

 

潜在化させたまま、眠らせたまま、その意識を利用するやりくちは日本の

国営放送がずっと研究したたまものなのだろう。

 

演者は演出家によってSなりMなりの部分を開花させられる。役者というの

はそういう意味で怖い職業でもある。

 

そして観客はどちらかの目線でその劇を劇的に見るのだろう。観客もSであ

りMであるわけだ。

観客個人は劇にSを求め、あるいはMを求めどちらかの目線で感じ取るだろ

うが、全体としてSMを共有する場でもある。

 

「私ったらなんて可哀想なんでしょう」というのと

「私ったらすごいでしょう」というのだ。

 

 

私はあの上映を見ていて、自分の笑いのツボが他の観客とは全く違うことに

気付いたのだが、そういうたったひとつの笑い声があの会場の重苦しい、い

かにもアカデミックでお堅い感じを壊して、観客は自由に笑い出したようだ

った。

 

それはまるで、私ひとりがSであとの観客すべてがMであるような感覚なのだ。

 

「私ったらなんて可哀想なんでしょう」という書き様をこれまで意識的に避

けてきたのはそういう気の持ちようが嫌いだからだ。恰好が悪いし被害者意

識というのを背負うのが美的センスに(性分)合わないからだ。

 

そうだとしても私にもMな部分が大いにあるわけで、「私ったらすごいでし

ょう」の方が私は好きだとここで確定して、enterキーを押すことをわずか

に躊躇する理由は、それがたぶん私の言う「島国根性」であるからだと思

うのだ。

 

排他的な社会では、私をすごいものよりも、可哀想なものとして生きるほう

が受け入れられ易い。島国としての日本の社会にはこれが未だに残っていて、

あるいは故意に潜在化させられていて目覚めない。

若者が社会に対して生き辛さを感じているのはこういったことではないのか

と思う。

 

故意に潜在化させているのはたぶん主にTVで、報道からお笑い番組に至るまで、

根っこの部分にはそれがある。

それがある限り劇場型政治が続いてしまうのだろう。

 

しかしこのことに若者が気づいたならば、格好の悪いいまの日本の姿に美意識を

感じないことが息苦しさの正体であると、はっきりと理解することができるので

はないのか。

 

そして私はこの駄文を書き終えて躊躇なくenterキーを押してしまおうと思う。

 

 

 

参考チラシ

https://www.scot-suzukicompany.com/works/16/

 

 

それにしても、物書きや画家とか演劇関係者にナルシストが多いのはなんでなのか。

彼らは自己顕示欲と自己愛をどう分けて考えるのだろうかと思う。

自己主張ではあるが、日本のそれはなんだか格好が悪いので好きになれないのは

洋画ばかり見ているからか。

 

あと、可愛い子ブリッコとかカマトトなども同様の排他的島国で生きる術として

長年身についたものなんだろうか。

それは精神的な分裂を意味しているし、日本的な建て前と本音の乖離を嫌う私には

理解できないでいる。

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/03/07   jannmu
タグ: , 落書き , memo , SPACE

埋もれた言葉の断片(塵)の輝き

言葉は目に見えないから空に融けていってしまう

言葉を拾い集め紬だせば輝きだす

言葉は砂浜の貝殻のようであり砂の粒のようでもある

輝いている言葉を心に繫ぎ止める術はないものか

 

あたりまえの輝きが希少になるのは

相対的な歪みを持つからだ

 

あたりまえの美しさを見落としてしまうと

ただのごみ拾いになってしまう

 

あたりまえが当たり前でなくなることを経済というならば

私はそういうものを拒み続けたい

 

竜宮城の砂浜は目も眩むほど白く輝いていた

竜宮城での酒池肉林が砂の白さを濁らせた

濁った砂の箱に閉じ込められた自由が

濁った水の中を泳いでいる

 

その眩しさの記憶は

いまや大海の水に溺れようとしている

 

 

 

美ら海の砂塵

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/02/28   jannmu
タグ: , 自然 , memo , 愛の詩 , SPACE

手段と目的

 表現は思考の試作であり

 

 それまでの常識を変えて普遍化する力を持っている

 

 奇をてらうものではなく

 むやみに壊すものでもない

 

 普遍化とはいまの時代

 

 少なくとも世界に一石を投じることであり

 

 表現はそのための手段である

 

 

                  2019.02.17 正午

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/02/20   jannmu
タグ: , 自然 , 落書き , memo , 愛の詩 , SPACE

A Letter

Long long time ago

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Once upon a time

 

 

 

Somebody throughout a letter big ocian in a bottle every day

It'll don't know be taken Who When the letter

The Letter in a glass bottle know "Just kidding" on the papere

 

 

But it happen by one peace

The Change bigun When A girl pick it upon some beach

people said that "restart"

 

 

So adults dreem is like that may be...

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2019/01/21   jannmu

先入観と権威

言葉・文章で描写する絵画

これが私の仕事

経験と補足のための絵と写真と詩

 

ダウンロード.jpg

 

般若の面から当時の西欧が受け取った美的感覚を、東洋で感覚する。

 

 

鋼鉱物を”カネ(支配)”に替えることを科学と最近ではいうらしい。

 

 

 

 

 

埴谷の思想が、裏腹の今日のネトウヨを生んだが、県立現代文学館はなぜか彼をやらない。

埴谷雄高

本能である”競う”ことを否定するのは、結局唯一絶対神を肯定することにほからならない。

 

 

スポーツであれなんであれ、プロの仕事は

裾野を広げボトムアップ(底辺に生きる人の生活レベルの向上)を図ることだが、勘違いしたプロは目的を誤ったが故に、自らの業界のレベルを下げ続けている。

 

s_キャプチ.jpg

パリコレに限らず世界中で使われているメイクアップ手法だろう。

しかしこのベースが「般若」であることは間違いないだろう。

「美」とはなんぞや。

ちなみに私は彼女の大ファンである。

 

このことを「先入観なき創造」と私は呼んでいる。

すべてが出尽くした現代の忘却故の作業かもしれない。しかしたった10年20年で焼き直し繰り返されるTV芸能とは明確に違う。

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/12/06   jannmu
タグ: , 落書き , memo , 愛の詩 , SPACE

愛の終点  End point of love

終わった恋をセンチメンタルに残すのか、学びとして残すのかで

その思い出の重さと、後の瞬間に感ずる圧力が変化する

 

学びとして残すならば、相手への感謝に進化する

本当はそこに愛の終着点があるように思う

 

2018.11.01  14:13

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/11/22   jannmu
タグ: , 自然 , memo , 愛の詩

[saint] 「海老と蟹と貝」

河は悠久の歳月の中で蛇行と洪水による水の直進化を繰り返すのは何故なんだろう?生き物は河の傍で文明を育んできた。

 

 

処女と童貞

少女と少年

そして処女性と童貞性

 

聖なる something 

個の絶対性と他から与えられる相対性

内側と外側

 

失うものと与えられるもの

そもそも失いようがなく持っているもの

 

大きな鏡にしか映らないものがある

 

 

卵の殻をカラスが突く月曜日のゴミ捨て場

飽食の時代に ”もったいない” は忘れ去られて

簡単便利激安を消費して

そこから出る、卵の殻に微かに残った液体ほどの利益でかろうじて食つなぐ

 

現代人は熱帯魚の水槽の底に蠢く

海老と蟹と貝のようだ

 

 

 

還暦と処女性を同居させたい臣民支配者は

異国の大きな鏡を見誤った

異国の大きな鏡を読めなかった

異国の大きな鏡に映る something は開き盲には感じれない

臣民は自らを少数化した

 

2018.11.09 AM

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/11/09   jannmu
タグ: , 自然 , 落書き , memo , 愛の詩 , SPACE
リンクバナー受付け