Something New

news

レビューと広告

初めてレヴューのようなものを書いたのが多分この文章なのではと

思い出している。

 

最近の一押しお気に入り

 

邦画について書いたものはこの記事だけかもしれない。

洋画は度々書いているのだが、本人にはレヴューなどといった

感覚は一切なかった。多分これからもないだろう。

 

実はミュージカル映画が嫌いだ。いや、嫌いだったというべきか。

サウンドオブミュージックだとかウエストサイドストーリーなど

内容とは関係なく、あのセリフを歌でやりとりするのがまどろっこしく

特に日本語訳の場合、歌の部分だけが原語だったりすると

もうがっかりものなのだった。

洋画をTVで覚えたからだと思っている。ありゃ駄目だ。

 

 

上記レヴューは独特の書き方をしているので、もしこの映画を見るときには

このレヴューも同時に思い出してもらうと、映画の楽しみ方が少し増えるかも

しれないと思う。

 

ミュージカル映画に対する私の固定概念を変えた映画が

「DREEM GIRLS」だ。

 

若い3人の女性が歌の世界で有名になっていく物語。

この物語に出てくる台詞でこんなのがある。

 

「後で追加」

 

素人のオーディションをすっ飛ばしてプロになってしまう件だ。

そういうのを幸運と呼ぶべきか、実力と幸運の偶然の出会いと呼ぶべきか。

彼女たちは「ウー」とか「アー」のバックコーラスから始めることになる

のだが、レヴューやコメントを書くのも実はこのバックコーラス似たこと

なのだ。

 

いまの芸能界を見た時にどうだろうか。

 

以前はこういった記事を無意識に結構書いていた。

そうすると、本文の下にあるようないわゆる業界のコメントが並ぶことになっ

ていったのだ。

 

映画の見方はいろいろあっていい。

レヴューの意味を調べると「評論」とか「批評」となっている。

私は論じたり評したりするつもりはまったくない。

ただ感じたままを書くのみなのだ。レヴューではない。

 

どうであれ、その文章を読み ”見てみようかな” と読者が思ったとしたら

それはその時点で広告なのだ。

 

そして最近は広告ということを、少し意識して書くようにしている。

しかし私のいう広告は、その作品から抽出した特定の部分を、私の持つ

主観をアピールするための広告媒体として使用しているわけで、結果と

して当該映画が見られることになるなら、それはそれなのだ。

 

横浜伊勢佐木町で、映画館の今昔をここで語るつもりはないが、激減して

いる。映画館に足を運んで映画を見ることを私もしない。

理由はひとつだけ。料金が高いから。

 

なので私が特定要素を抽出する映画はレンタルビデオとなるのだが、さて、

あの業界を考えれば、それも配給収入と現在はなっているはずなのだ。

 

そして忘れ去られようとしている映画に再度スポットをあてることは

いわば映画のリサイクルとも言えるのではないのだろうか。

 

良質の映画は良質の本や音楽と同じように、見るたびに新たな発見がある。

それがあるかないかで、単なる流行り映画なのかが分かるのだ。

さて、次はどの映画から抽出してみようか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/01/19   jannmu

悪魔の創造主

エイリアンは人間が創りだす。地球外からやってくるのではない

そのエイリアンはいずれ人間を滅ぼすことになる

神の名の下に悪魔を創造することと同じだ

 

戦時における軍法は、人が躊躇することなく殺人する教育を人に付し

戦場での殺人行為を正当化する

 

軍事法や軍事裁判所はこの星の生命を欺く詐欺であり、軍隊や武器を

殺人と破壊を肯定し合法化する諸悪の根源だ

 

武器経済は究極のインサイダー先物取引であり、たとえば中東の

戦争で武器供給が止まないのはこのためだ

 

9条の持つ平和理念を理論的に超えるものはいまのところない

武力に対し、無条件降伏であれそもそもそれ以前に平和は無条件なものだ

 

世界的な情報伝達の透明性がこれらの矛盾を解決するが、情報を歪める

現在の世界体制は実体のない過剰な供給を正当化し、過剰な廃棄という

新たな(無駄な)需要と供給を生み、そこに更に実体のない経済が膨らむ

バブルを演出する

 

その恩恵に神が浸る現代は、情報読解力と想像力を削られ立体的思考が

できないロボット人間に既に覆われていて、これを推進しようとする輩と

これに危機感を覚える人々の頭脳の闘いだが、後者が目先のカネに手を

出すならば途端にヴァンパイアやミイラ取りのミイラに変わってしまう

何も感じなくなってしまう

 

それでも魂を売らない人だけが年月を経て顕在化するのは

指し示し、導く立体性にほかならない

この意味において私は無神論といってはばからない

 

武器を売ることを肯定し、人を殺すことを否定する

少なくとも国連軍は二重人格ジキルとハイドそのものであり、人道に

おいても武器流入を規制しない国連は理論破綻を当初からしている

 

迷信、盲信から目覚めるときだ

人殺し、共食いという最悪に妥協はない

その撲滅を妥協させようとする何かが神であり悪魔であり人間だ

≫ 続きを読む

2018/01/18   jannmu
タグ:落書き

子供のように

頭の先から足の爪先まで

前身で泣き、笑い、怒る

 

子供のように感ずる心

 

大人ぶった世界は不正義に対する

怒りを忘れている

喜びや希望をいつの間にか隠されている

四角い小さな箱の中から仮想の喜怒哀楽を与えられ

仮想の他人のドラマに酔う

 

夢はもう行ってしまったサーカスの跡地の電線に

引っかかった風船のように

煤けた風に揺られ萎んでいく

 

自然はひとときもとどまらない

とどまらず移ろいゆく

 

宇宙の創作した時間とともに

とどまらない自然だけが「無常」を持っている

自然だけが持つ「無常」に囲まれ包まれ

人間は感情を保つことができる

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/01/13   jannmu
タグ: , 自然

枝振り

「枝振り」


芽吹いたときから樹は踊りだす
地底でも地上でも踊っている
地底と地上の境目が括れている

 

画家が樹を描くときその舞いを表現できるだろうか
枝振りに加えられた人の痕跡に気づくだろうか

 

自然とはなにか
その考え方の入り口に立つことができるだろうか

 

果たして人は自然なのか
その問いに突き当たることができるだろうか

 

人が自然を思うとき
人為的人工的操作の先に生命の未来を瞬間的に案ずる

 

不自然とはなにか

 

人工授精体外受精代理母クローン技術そして遺伝子組み換え人間
少なくとも新たな差別が生まれる

 

性欲SEX欲はいったいなぜどこから生ずるのか
愛との違いはなにか

 

その裏腹に痛みが同時に生ずる
女性が分身として痛み
男性は後天的痛みとして感じ
時間とともに共通した痛みを持ち
それを愛と呼ぶとすれば

 

科学では表現できない痛み
科学以外でも問いを継続することでしか表現できない

 

問い続けることでしか表現できず
その問いこそが未来に残すべき継続で
そのことを愛と呼びたいと

 

感情を排除した眼差しで顕微鏡を覗く人に
Responsibilityとはなにかと問いたい

 

≫ 続きを読む

2018/01/08   jannmu
タグ: , 自然 , 愛の詩

新しい価値観

新しい価値観ってなんだろう

新しい遊びってなんだろう

新しいものってなんだろう

どこにもないものってなんだろう

 

 

幼いころに家の外に遊びに出るとすべてが友達でそのすべてと、ただ遊んだ

芋虫だったり毛虫だったりミミズだったり

鼠だったり猫だったり犬だったり、あるいは彼らが寝床としている洞穴や樹木の生い茂るところだったり

 

そこにはお日様や雲やらがずっと空から覗いていて、止まっているようでいつも動いていた

 

なにして遊ぼうか?

 

そう全てに問いかけて、いつの間にか遊びに夢中になっていた

その遊びはそのとき限りの遊びで、あくる日にはまた違う遊びを思いつく

それは大人語でいうと、「条件が違うから」ということなのだけれど

その条件とは、空や大地にいる友達との意思の疎通ということになる

 

 

こうして少年は五感を研ぎ澄まし遊びの達人となっていくのだが

この星には遊びの達人と呼べるような子供が育たない

 

彼ら子供が友とするのは、たった5インチの小さな画面だけ

本来彼らの友達だった世界を大人が奪った結果

 

それをなんとかしたいと思う子供大人がいない

大人子供もいない

もちろん子供子供もいない

 

 

だから芸術は子供子供ばかりの芸術になってしまった

だから芸術は大人大人ばかりの芸術になってしまった

 

 

子供は全て芸術家だが、全ての子供が子どもではいられない

だから、芸術家は大人子供でいなければならないが

そこに新しい価値観が生まれるのだが

搾取される

芸術家は芸術家としてしか生きられない生き物なのだが

搾取される

 

そういう不寛容社会では芸術家から新しい価値観は生まれない

芸術家の真似ごとをする大人は多いが、大人子供でいられる者は数少ない

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/12/21   jannmu
タグ:

ひとを閉じ込めるもの

世界はいずれ混じり合う

臆病な人間の塊を保守という

 

枠や箱は檻と同じだ

その中でしか安らげない人間を愛国者とか国粋主義者という

 

彼らの特徴はみな同じで、肩で風を切って歩く

強面で相手と接する

そういう虚勢を癖として身に着けている

 

彼らは恐れるあまり、枠や箱や檻の外に暮らす人々を攻撃する

しかしすべて虚勢と見抜かれている

 

恐れるから攻撃し侵略する

 

 

彼らの下で人は不満を溜めこむことになる

彼らはその不満の塊を彼らが敵視する外に向けようとする

 

不満を溜めた人々もいずれその不満の相手が違うことに気づくだろう

 

虚勢は己を閉じ込めるものがなんなのか理解できないでいる愚か者どもの証だ

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/12/02   jannmu
タグ:

VIRTUAL CITY

過密と過疎の極端な格差

過疎をわがものとする独裁者

TVとスマホだけで現実を見ない教育(マトリックス)

政治を語ることはカッコワルイという風潮

焼却場が現代過密都市のガス室

 

これら全てが「自由」の名の下に行われている

プロパガンダ

 

過密土地の高騰とタダ同然の過疎地の独占がすすむ

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/11/25   jannmu

ノー・ウォー美術家の集い横浜

ノー・ウォー美術家の集い横浜

 

ご縁があり、この会に参加させてもらえることになった。

ここでもこれから少しずつ紹介していくことになるだろう。

 

ノー・ウォー美術家の集い横浜

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/11/23   jannmu

哲学なんて簡単なものであるべき

銀行に行きあるいはコンビニで、ATMからカネを出したり入れたりすることが

誰にでもある

 

電車に乗るための切符を買うために券売機にカネを入れたりお釣りをもらったり

することも誰にでもある

 

ない場合、自分の人生を考え直す機会を別の機械によって逃していると考えていい

 

例えば、9千円カネを入れたいために1万円札を1枚入れ、機械によっては入れたい

金額を聞いてくるものがあり、別の機械は入れる手続きの後、再度出す手続きを要求

するものがある

 

この機械の違いがつまり「作り手のポリシー」ということになる

 

あるいは、預金カードを取り忘れないように自動的に忘れないような順を踏んでいる

機械もある

 

これが「作り手のポリシー」なのだ

 

しかし使う者がその違いについて、その意味を考えないとき、無関心なとき

そのポリシーは生かされないことになる

 

ポリシーというものが一般に普及するまでに、相当の時間がかかることは確かだ

 

その最先端を行くものが、いわゆる芸術家のポリシーであると勝手に考えている

そしてそれはいずれ世界を変える価値観となっていくことは、実はその芸術家の

知名度と比例していかざるを得ないのだ

 

そのポリシーから得たものを企業が受け取るのか、あるいはプロジェクトのメンバーが

受け取るのか、それとも起案した個人が受け取るのか

 

経済とはそのことを突き詰めなければ、まずならないはずなのだが

そうはなっていない

 

その受け取り方も問題としなければならないはずだ

 

しかし芸術家に限って言えば、彼らは全て個人であり

そういう意味での孤独を持っている

孤独という言葉は、良い意味と悪い意味とがあるのだが

双方の意味の間には、例えるなら海の深度の違いや

空でいう高度の違いがあり、深いから良いことには一概にはならず

高いから良いということにも一概にはならないのだ

 

難しい口調で書くのは慣れれば容易いが、誰にでも理解できるように

書くことは難しい

 

この、「誰にでも理解できるように書く、あるいは描く、あるいは撮る」

ことが私のポリシーに完全に付随するものなのだと、現時点では言い訳がましく

書いておきたい

 

分かり易くすることが最も最速の普遍化の手段だが、同時に背負うものについて

受け取る側がどう感ずるか

そのことを解き明かすことができればとも思う次第だが、普遍化する時間と同様に

普遍化してから鏡を通して観察するしか方法がない

 

そのことを自覚できずに芸術といういわば時代のカタワの感覚を、すぐに換金したい

と思っている自称芸術家がどれほど多いことか

 

定価を支払い見るものが芸術の価値、というのは間違っていることは明らかだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2017/11/14   jannmu
タグ:自然

神様の宣伝マン

画家、彫刻家

 

TVや新聞、ラジオや雑誌などが世界になかったときに

芸術家がバイブルや経典にモチーフを求めた

そのモチーフ自体が既に広域に広がっていた

画家は競ってストーリーを描き彫刻した

音楽も同様だろう

 

当時、文字の読めない民衆に伝わり易い表現

これが芸術であった

 

王様も宗教もそして画家自身も利用した

 

モダニズムがモダニズム足りえなかったのは

神との同居を否定できなかったことにあるのではないのだろうか

 

アンディー・ウォーホールなどの、いわば大量生産アートは

芸術足りえるか

 

缶詰ラベルデザインと東郷の美人画の末路との違いはなんなのか

 

芸術は芸術であって学問ではない

知性よりも感性がものをいう世界のはずだが

知性先行型の芸術界は、腐敗したのちの死を待つばかりなのだろう

 

現代社会からはじき出された、いわゆる障がい者と呼ばれる人たちが

唯一その鋭い感性を生かせる場所でもあるはずなのだが

 

 

ピカソのゲルニカの中央に描かれた男の顔は何を物語っているのだろうか

 

2017/10/16  18:38

≫ 続きを読む

2017/11/13   jannmu
リンクバナー受付け